MENU

SEIBU PRINCE CLUB プラチナステータスは朝食無料や滞在時間延長が可能

エドパパは、これまでずっとマリオットのチタンエリートステータスによってルームアップグレード、レートチェックアウト、クラブラウンジ利用等の様々な特典を受けてきました。

2020年最新マリオットプラチナチャレンジのメリット、条件を確認

しかし、子供が小学生になり、なかなか旅行に出かけることが難しくなりました。特に、冬にはマリオット系列であれば北海道へ行けば様々なホテルがありとても楽しいのは分かっていますが、北海道へ行くには時間もお金もかかってしまいます。

ルスツリゾート旅行記 3月@ 初日

そこで、候補として挙がるのが近場のスキー場などはどうか?と言うことで、プリンスホテルを調べてみました。

プリンスホテルは関東近辺のホテルが豊富

西武グループのプリンスホテルであれば、軽井沢など東京から近いところにスキー場があります。軽井沢のスキー場は独身時代、子供が生まれる前にエドママとよく行きました。ほぼ関東ですので、冬は基本的に晴れていることが多くバスでも新幹線でも行けるのがGoodですね。

スキー場併設のプリンスホテル一覧

スキー場を併設した、プリンスホテルを都道府県別にリストにしてみました。

都道府県 ホテル スキー場
北海道

富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

富良野スキー場
岩手県

雫石プリンスホテル

雫石スキー場
新潟県 苗場プリンスホテル 苗場スキー場
新潟県

万座プリンスホテル

万座高原ホテル

万座温泉スキー場
長野県

軽井沢プリンスホテル イースト・ウエスト

ザ・プリンス 軽井沢

軽井沢プリンスホテルスキー場
長野県 志賀高原プリンスホテル 志賀高原 焼額山スキー場

また、夏にも大磯ロングビーチがある大磯プリンスホテルがあります。

プリンスステータスサービス

プリンスホテルにもマリオットと同様、ホテル利用者向けステータスが存在します。「プリンスステータスサービス」は、全部で3段階のステータスから構成されています。

  獲得条件
ブルー 特になし
ゴールド 年間20メダル獲得又はプリンスセゾンゴールドカード
プラチナ 年間50メダル獲得

プリンスステータスの獲得には、『メダル』が必要です。そして、そのメダルを獲得するには、『SEIBU PRINCE CLUB』に加入し、プリンスホテルグループのホテルやレストランを利用する必要があります。

メダルとは

プリンスホテルグループでの利用額1万円に対して、1メダル獲得。その他に、アンケートの回答でも1メダル(年4回、ただし要ゴールド以上のステータス)獲得。ステータスを友人に紹介すると1メダル獲得(ゴールド以上)。

つまり、ゴールドステータスになるためには、プリンスホテルグループ(ホテルやレストラン)で年間20万円以上利用することが必要。プラチナに至っては、年間50万円も利用する必要があります。

うぅ~ん、結構ハードルが高いですね。

ゴールドならクレジットカードで
手っ取り早くゴールドを取得するだけなら、プリンスセゾンゴールドカードもあり

ただし、年会費15,000円

「SEIBU PRINCE CLUB」ステータス別特典一覧

それでは、それぞれのステータスでどのような特典を受けることが出来るのか、一覧にまとめて見ました。

  ゴールド プラチナ
バースデーカードとぷちギフト
スマートチェックイン
3アワーズフリープログラム
会報誌「ESCORT」
ポイントup 10% 30%
食事10回で食事券プレゼント(半年間ごと)
プリンスクラブ入会紹介
朝食無料  
カバーチャージ無料  
ワイン持ち込み無料  
プール無料  
ゴルフ後ドリンクサービス  

色々な特典がありますが、特にいいなと思う特典は、プラチナステータスにあります。

朝食無料サービス

エドパパがよく使っているマリオットでも同じサービスがあります。しかし、プリンスクラブは、本人だけでなく、同室に宿泊する同伴者も無料になります。マリオットは、同室の1名までが対象ですが、プリンスクラブは3人で宿泊なら3人分が対象となります。

3アワーズフリープログラム

こちらは、ゴールドでも利用可能です。マリオットでもアーリーチェックインレイトチェックアウトがありますが、プリンスホテルでは、どちらでも選択可能であり、3時間分滞在時間を延ばすことが出来ます。通常、11時のチェックアウトであれば、最大で14時までレイトチェックアウトを選択することが出来たり、チェックインを14時からにして、チェックアウトを13時までと言う風に柔軟に変更できます。

プール無料サービス

これ、最初に見たときは目を疑いました。え?ホテルに宿泊するのに、プールが無料じゃないの?と。そうです、プリンスホテルは、ホテルによってプールに別料金が必要なところがいくつかあります。

例えば、東京プリンスホテルの「ガーデンプール」は、ビジター大人12,000円!、宿泊者でも4,000円必要です。大磯プリンスホテルの「大磯ロングビーチ」は、ビジター大人4,000円、宿泊者は1,600円必要です。これらが、無料になるんですから大きいですね。大磯ロングビーチの価格表。

クラブラウンジ利用無料

これは、公式HPには載っていないんですが、いくつかのホテルではサービスを受けることが出来ます。何故載っていないんでしょうかね。エドパパも何度か利用したことがある、品川の『ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション』や、『名古屋プリンスホテル』などで利用が可能です。ただし、紀尾井町の『ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町,ラグジュアリーコレクションホテル』は利用できません。

ザ・プリンスさくらタワー クラブラウンジの朝食&夕食@プラチナ特典

プリンスポイントで無料宿泊

プリンスポイントを貯めると、ポイントを利用して無料でプリンスホテルに宿泊することが出来ます。例えば、5000ポイントは、品川プリンスホテルに1泊宿泊(約24000円土曜泊)することが可能です。

でも、5000ポイントを普通に貯めようとすると、50万円分もホテル・レストランを利用する必要があります。本当に頑張れば、1年で何とかなるかもしれませんが、実はプリンスポイントを速攻大量に取得する手段があるんです。それが、ポイントサイトの『すぐたま』となります。

すぐたまで還元率4%のプリンスポイントを貯めてプリンスホテルに無料宿泊しよう

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

すぐたまの最大のメリットは、プリンスポイントへの交換が高還元率で実施できることです。実は、あまりにもお得すぎて2018年11月に還元率が改悪されましたが、変更後の現在でもお得であることに変わりはありません。エドパパも最近、すぐたまを利用してmileを貯めるように頑張っています。

すぐたまでdカードゴールドを発行してプリンスホテルに無料宿泊

西武は株主制度も充実

実は、西武ホールディングスは、株主優待制度も充実しています。西武ホールディングスの株主優待は大きく分けて2つの優待内容があります。株主優待乗車証施設利用優待券です。

  • 株主優待乗車証は西武鉄道の鉄道、バスであれば何でも乗れる。
  • 施設利用優待券は、2000円以上の利用で1000円割引となる株主様ご優待券、レストラン、リフト、ゴルフ、ウェディングの割引券、西武ライオンズの内野指定席券ネット裏スペシャルシートの応募券

詳しくは、以下のページを見ていただきたいですが、意外と充実していますよ。

西武ホールディングスの株主優待制度が2018年に続き2020年も改善 100株から優待が受けられる

としまえんも西武グループ

実は、遊園地であるとしまえんも西武ホールディングスのグループになります。エドパパも何度か行きましたが、子供たちが楽しめること間違いなしです。

としまえんは身長制限がないアトラクションが沢山で、幼児でも大満足

まとめ

「SEIBU PRINCE CLUB」のプリンスステータスサービスについてまとめました。プリンスステータスサービスは、やっぱりプラチナの特典が充実していますね。特に、朝食無料ラウンジ利用などがおススメです。ポイントを利用した無料宿泊の場合、朝食は付いてこないことがほとんどですので、プラチナステータスを持っていると、プリンスホテルを使い倒すことが可能です。

ポイントは、すぐたまを利用することで大量に取得が可能ですので、無料宿泊も全然夢ではありません。皆さんもポイント活動(ポイ活)でプリンスホテルに泊まってみましょう。

ちなみに・・・

どなたか、私のHPをご覧になっている方で、プリンスクラブのプラチナステータスをご紹介いただける方はいらっしゃらないでしょうか。もし、紹介しても良いということは、お問い合わせ、コメント欄にコメント頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook
Twitter
Feedly
SHARE