MENU
記事内に広告を含みます

マリオット HMIの既存7ホテルをリブランド 2025年秋以降開業予定

マリオットが2025年秋以降、HMIホテルグループの保有する国内7軒のホテルを「マリオットホテル」「コートヤード・バイ・マリオット」にリブランドする計画を発表しました。東京五輪も終了し、マリオットの新規開業ラッシュが1段落してきたところですが、2025年はまた新規オープンラッシュとなりそうです。

HMIの7ホテルをリブランド

今回リブランドされるHMIのホテルは7軒。7軒のホテルは5県にまたがり、北九州市(福岡)が2件、神戸市(兵庫)が2件、浜松市(静岡)が1軒、京都市(京都)が1軒、恩納村(沖縄)が1軒。北九州市と浜松市はマリオット初進出。こうやって見ると、HMIのホテルは同じ県に集中的に投資しているのが分かりますね。ちなみに、マリオットも今回の改定により、神戸市(兵庫)が3軒、京都市(京都)が9軒、恩納村(沖縄)が4軒と一部都市、地域に集中的に投資していることが分かります。新規開業するホテルはこちら。

  • マリオットホテル(4軒)
    • 浜松マリオットホテル(現 グランドホテル浜松)
    • 京都マリオットホテル(現 ホテル平安の森京都)
    • 神戸マリオットホテル(現 ホテルクラウンパレス神戸)
    • 沖縄マリオット・リザン・リゾート&スパ(現 リザンシーパークホテル谷茶ベイ)
  • コートヤード・バイ・マリオット(3軒)
    • コートヤード・バイ・マリオット神戸(現 ホテルパールシティ神戸)
    • コートヤード・バイ・マリオット小倉(現 ホテルクラウンパレス小倉)
    • コートヤード・バイ・マリオット北九州(現 ホテルクラウンパレス北九州)

リブランドのリリースはこちら

参考 HMIホテルグループが戦略的パートナーシップを締結HMI

リブランドにあたり、プリンスのようにダブルネームにするかと思っていたら、どうやら完全にマリオット単独のブランドへリブランドする様子。ちなみに、HMIホテルグループとしては、①ホテルクラウンパレス、②ホテルパールシティ、③クレストンホテル、④シーパークホテルの4つのホテルブランドがあるようですね。

今後リノベーション工事を経て、2025年秋から順次開業していき、2026年中にはリブランドを変える予定。個人的に注目しているのは、沖縄マリオット・リザン・リゾート&スパ(現 リザンシーパークホテル谷茶ベイ)ですね。

沖縄マリオット・リザン・リゾート&スパに注目

沖縄には現在、ルネッサンスリゾート沖縄とシェラトン沖縄サンマリーナリゾート、リッツカールトン沖縄の3軒が存在しており、エドパパも大好きなホテルではあるんですが、子供が大きくなってきて、小学生高学年ともなってくると、少しプール、海上アスレチックのアクティビティが弱いというのがありました。そこで、2023年は、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに宿泊しつつ、お隣のリザンシーパークホテル谷茶ベイの海上アスレチックに遠征するということをしていたんです。これが、リブランドによりマリオットへ変更されるんであればエドパパとしては大歓迎です。希望としては、ホテル同士が隣なので中で歩いて行き来できるようにしてほしいというところでしょうか。

ちなみに、現在のマリオット系列のホテル一覧と、今後のオープン予定のホテル一覧。マリオットは現在95軒のホテルを開業しており、今年も3軒開業予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Facebook
Twitter
Feedly
SHARE