MENU


2018年 SPG AMEXは還元率最強のクレジットカード?!

こんにちは、エドパパです。

皆さんは、どんなクレジットカードを使っていますか?

私は、還元率がいいものが最高!と思って探していろいろとさまよっていましたが、2017年にしてついに、最強のカードを見つけました。それはSPG AMEX(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン エクスプレス)です。

私がこのカードを選んだ理由(メリット、デメリット)について備忘録も含めてまとめていきます。

2018年についても、spgamexは、変わらず特典を利用することが出来ますので、2018年も還元率最高のカードと致します。

2018年8月にマリオットとSPGのプログラムが統合され、特に、トラベルパッケージの還元率が悪化いたしました。しかしながら、エドパパ的にはまだメリットが多く、メインカードとして使用するカードにおススメいたします。

新プログラムのトラベルパッケージが改悪 マリオット/SPG

SPG AMEXカードとは

まず、SPG AMEXのAMEXは皆さんご存知、アメリカンエクスプレスですね。

では、SPGとはなんぞや、ということですが、こちらは、10のブランド(「ウェスティン」や「シェラトン」など)をグループに持つ世界的なホテルチェーンの略称となります。

そして、SPG AMEXのクレジットカードは、所有するだけでそれらシェラトンなどのホテルを利用する際に特典を受けることができるようになります。

しかも、2016年にマリオットグループが、スターウッドグループを買収したため、現在ではSPG AMEXを所有するだけで、マリオット、リッツカールトン、スターウッドの3つのグループの特典を受けることができます。ホテルの一覧はこちら。

マリオット/SPG/リッツカールトン 都道府県別ホテル一覧とクラブラウンジ有無 カテゴリ無料宿泊必要ポイント マリオット 都道府県別ホテルリストと最低価格、クラブラウンジ有無、無料宿泊必要ポイント一覧表 SPG 都道府県別ホテルリストと参考価格、クラブラウンジ有無

メリット①SPG/マリオット/リッツカールトンのゴールド会員資格を獲得

世界の主要なホテルグループには、顧客を囲い込むための会員優遇サービスがあります。

そして、SPGAMEXは、所有するだけで、SPG/マリオット/リッツカールトンのゴールド会員資格を得ることができます。

では、具体的に、そのゴールド会員資格とはどのようなサービスがあるのか、一部を以下に示します。2018年8月に各プログラムが統合されたため、新しい表に変更しました。

 シルバーゴールドプラチナプラチナプレミアアンバサダ
ボーナスポイント10%25%50%75%75%
レイトチェックアウト2pm4pm4pm4pm
ウェルカムギフト ポイントポイント/朝食/アメニティ←同じ←同じ
ルームアップグレード スイート含スイート含スイート含
クラブラウンジ  
ルームタイプ保証  
必要宿泊数10255075100

いかがですか?部屋のアップグレードや、レイトチェックアウトなどの特典をSPGAMEXカードを作るだけで獲得できます。プラチナステータスになると、朝食無料クラブラウンジの利用も付いてきます。

ルネッサンスリゾート沖縄の宿泊についてはこちら↓

ルネッサンスリゾートオキナワ 子連れ旅行記@2月 初日 SPGAMEXでアップグレードなるか?!

オキナワ マリオットリゾート&スパの宿泊についてはこちら↓

沖縄 マリオット リゾート&スパ SPG AMEXカードでスイートアップグレード

メリット②マイルへの移行時、還元率1.25%(円換算なら2.5%)

SPGAMEXは、カードの利用100円ごとに3ポイント(3%)がつきます。

このポイントは、主に、SPG/マリオットホテルの無料宿泊に利用可能である他、なんとANA、JALを含む35社のマイレージプログラムへと移行可能です。通常であれば、この交換比率も1%(3ポイント→1マイル)なのですが、実は、航空会社のマイルへ移行する際にまとめて60000ポイントを移行することによって、5000マイルが追加ボーナスとしてプレゼントされます。

その結果、60000ポイント25000マイル(マイル還元率1.25%となるんです。(仮に1マイル=2円と計算すると、還元率2.5%)となります。

私が以前メインカードとして使っていたREXCARDでも還元率は1.75%(当時)でした(現在は1.5%)。

還元率としてみた場合、非常に魅力的なカードであることがわかります。

メリット③ポイントをホテル宿泊に利用可能

最初に、SPGがホテルグループの総称であることに言及しましたが、当然、ポイントを使用してホテルに無料で宿泊することが出来ます。そして、宿泊の際に必要なポイントを以下の表にまとめてみました。

カテゴリ20182019(オフ)2019(ピーク)
17500500010000
2125001000015000
3175001500020000
4250002000030000
5350003000040000
6500004000060000
7600005000070000 
8(2019年から)8500070000100000 

ちなみに、上記は1室/泊(2人宿泊)です。3人目以降は、別途追加費用が発生します。

例えば、我が家が毎年行く、北海道のウェスティンルスツリゾートですが、カテゴリ7で60000ポイントが必要となります。例えば、2018年9月6日時点で、12/15(土曜)の予約を検索してみると、以下のように85500円(朝食付き89500円)が必要となります。最近、ルスツは、海外からのお客さんのおかげか、ありえないほどお部屋の料金が高騰しています。

例えば、上記ですと、85500円/60000ポイント=1.425円/ポイント還元率4.2%?←3ポイント/100円で獲得できるため)となり、マイルよりも還元率が高くなっています。

さらに、さらに、実はSPGは、ポイントで4泊分予約すると、1泊無料となり、4泊分のポイントで5泊の宿泊が可能となります。つまり、4泊(100%)→5泊(125%)のポイント活用が可能となり1.425円/ポイント(100%)→1.78/ポイント、つまり、5.2%の還元率とすることができます。

単に1泊の宿泊にポイントを利用するだけでなく、4泊分のポイントを利用することでさらに還元率をあげる(錬金術)ことができるわけですね。

マリオット系列の各ホテルの必要なポイントとカテゴリーは、↓をご参考に。

マリオット 都道府県別ホテルリストと最低価格、クラブラウンジ有無、無料宿泊必要ポイント一覧表

メリット④航空券とホテルのパッケージで還元率2.5%

SPGがマリオットに買収されたため、2018年8月から両社のポイントが一緒に管理できるようになりました。どちらに宿泊しても同じようにポイントを獲得することが出来ます。

そして、ポイントの利用方法として、もう一つ、航空券とホテルとのパッケージに利用することも出来ます。

これは、ポイントを、7泊の宿泊と各社のマイルへ交換することができるというものです。具体的な例として、ユナイテッド航空のマイレージプラスへ変換した場合に必要なマリオットポイントの表を以下に示します。

 カテゴリ7泊+50000マイル7泊+10000マイル
1~4255,000330,000
5315,000390,000
6435,000510,000
7495,000570,000
8675,000750,000

例えば、我が家が大好きな沖縄のルネッサンスリゾート沖縄は、カテゴリー6です。ちなみに、2018年7月にエドパパは、トラベルパッケージを利用して7泊してきました!

2018年7月 ルネッサンスリゾートオキナワで最高の夏休み@チェックイン、お部屋編

50000マイルと7泊を獲得するためには、435000ポイント獲得する必要があります。SPGAMEXカードの利用では、1450万円の決済を行うことで、435000ポイントを獲得できます。実際に、1450万円も決済できないと思いますが、ホテルの宿泊、カードの入会でポイントを獲得可能であるため、必要なカード利用額は下がってきます。

そして、この場合の還元率を計算してみると、マイル部分:50000マイル≒100000円(2円/マイル換算)、ホテル部分:40000円(暫定)×7泊≒280000円で、合計380000円分の利用金額となります。カード1450万円の決済に対して、380000円/1450万円で、2.62%の還元率となります。

あれ、上記のホテルの還元率よりも悪くなりました。そうです。ホテルは、毎日価格が高いわけでなく、土曜日の宿泊が高いので、ポイント宿泊は土曜日に利用するのが一番効率が良くなります。1週間ずっと料金が高いことはあまりありませんので、これは、利用シーン別に何を選択するかよく吟味して利用する必要がありそうです。

上にも書きましたが、435000ポイントなんて普通に貯めようとしても貯まりません。しかし、下記に記載していますが、カード入会の際にカード利用者からの紹介を利用することで、36000ポイント獲得することができます。

さらに、定期的に、バイポイントセールも行われています。エドパパもこれを活用して何とか今年度中にトラベルパッケージを利用できるようにしたいなと考えています。(SPGの際は、バイポイントセールが行われていましたが、新プログラムになってバイポイントセールが行われるかは分かりません)

35%オフセール開始、SPGバイポイントはtopcashbackでポイント2重取り  2018年3月16日まで

と、ここまでメリットを紹介してまいりましたが、世の中そんないいことばかりではありません!!

デメリット①年会費が31000円+税である。

SPGAMEXカードは、メリットが大きい分、年会費が高く、31000円+税(税込33480円)です。

普通に考えると、この年会費は上記メリットを相殺してしまいそうなものですが、実はそれを補ってくれるもうひとつの隠れたメリットが2つあります。

補填メリット① カード利用継続時、年に1度1泊の無料宿泊権利がもらえる。

これはSPG AMEXを保有していて、次の年に継続すると、継続時のボーナスとして毎年SPGグループのホテルに一泊無料で宿泊できる権利(50000ポイント分)がもらえます。これは、2泊に分けたり、余った分を返還したりは出来ません。カテゴリーに関係なく50000ポイント分の1泊に利用することが可能です。

当然ながら、入会初年度は、この権利を利用できません。あくまでも、2年目から利用可能になります。

補填メリット②カード利用者からの紹介で入会すると、36000ポイントが入手可能

補填メリット1で書いたのは、あくまでも、継続利用時にそのお礼として無料宿泊権利がもらえるだけであり、実は最初の1年目には無料宿泊権利はもらえません。それでは、何もなく1年目は年会費を払うだけかと言うと、それだけではありません。

SPG AMEXは、入会時最初の3ヶ月のうちに10万円を利用することで、30000ポイントを獲得することができます。これは、全ての加入者に共通のキャンペーンです。

さらに、現カード利用者からの紹介を受けて入会すると、6000ポイントを追加で獲得することができます。カード利用10万円でも3000ポイントが獲得できますので、10万円の利用で合計39000ポイントを獲得することが可能です。

この特典は、知人に限り紹介可能という制度ですが、他に紹介してくれる人に心当たりがない方は、私からご紹介いたしますので、こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせいただくと、私からご紹介のメールを差し上げます。

お名前はニックネームでも構いません。メールアドレスは忘れないようにお願いいたします。

MEMO
AMEXの紹介制度は、紹介者と入会者が「互いに連絡可能な状態にある方」が利用できますので、エドパパとお友達になっていただければ大丈夫です!コメント欄、fakebook等でコメント頂けると幸いです。

私のFacebookアカウントからもどうぞ。こちらからでも同じようにポイント増量の特典を受けることができます。

下のような画像の部分にあるリンクをクリックすると、加入することが出来ます。こちらも、一緒にコメント頂けると幸いです。

SPGAMEXカード入会、その前に・・・

また、SPGAMEXに入会するには、まず、マリオットグループの会員番号を取得する必要があります。そして、その会員番号も普通に入会すると、何も特典がありませんが、こちらも、紹介によって会員に入会すると、1泊当たり2000ポイントが追加で貰えます。(2018年の統合により、上手く紹介できないかもしれませんが、それでも良いという方は、こちらの問い合わせフォームからエドパパにご連絡いただければ、ご紹介いたします。)

マリオットリワードへの加入は既会員からの紹介で滞在毎に2000ボーナスポイントゲット

まとめ

いかがでしたでしょうか?SPG AMEXカードは、年会費が31000円と非常に高額であり、入会をためらってしまうかもしれませんが、それを補ってあまりあるメリットがあります。

メリット1.SPG/マリオット/リッツカールトンのゴールド会員資格を獲得

メリット2.マイルへの移行時、還元率1.25%(円換算なら2.5%)

メリット3.ポイントをホテル宿泊に利用可能

メリット4.航空券とホテルのパッケージに利用可能

マリオットの予約はポイントサイトを経由してポイント2重取

マリオット系列のホテルに最安値で宿泊するには、公式ホームページからの予約が必須ですが、もう少しお得に小銭の錬金術が可能です。

それが、ポイントサイトの経由です。2019年2月現在では、他のサイトと比較してi2iが最も還元率が高くなっています。i2iを経由して公式サイトからマリオット系列のホテルを予約することで、4.9%のポイントを獲得することが出来ます。

i2iポイントはベストポイントで最強の還元率

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Twitter
SHARE