横浜ベイシェラトン&タワーズ レギュラーフロアダブル コロナ渦の選択制朝食と夕食オーダービュッフェ@2020年10月

横浜ベイシェラトン&タワーズは横浜駅直結でとっても便利な位置にあります。エドパパもチタンステータスを保有していたころに宿泊したことがありましたがゴールドステータスでの宿泊実績はありません。今回はゴールドステータスでのレギュラーフロアダブルのお部屋、コロナ渦の中での朝食夕食をご報告します。

コロナ渦のポイント
GOTOで激混み、朝食は選択制、夕食はオーダービュッフェ

横浜ベイシェラトンのアクセス

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズは、横浜駅西口から徒歩1分です。しかも、西口からは外にでることなく地下通路で繋がっています。西口の地下通路の経路は以下の画像のようになります。(公式HPから借用してきました)

コロナ渦は激混みのチェックインカウンター

これまでにもコロナ渦でのチェックインは経験したことがありますが、どこも15時前後激混みでした。こちらもご多分に漏れず、15時過ぎにチェックインへ向かうと10組以上並んでいました。そして、待ち時間は20分ぐらいたっぷり待ちました。

カウンターは透明なアクリル板で仕切られ、感染対策はバッチリです。

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズのお部屋構成は、大まかに3つ。さらにその中が細分化されています。

  • レギュラーフロア(10~19F)

    シングル、ダブル、ツイン、コネクト、バリアフリー

  • ラグジュアリーフロア(20~23F)

    ツイン、キング、スイート

  • クラブフロア(24~27F)

    クラブ、デラックス、プレミアム、エグゼクティブ、スイート

チェックインの結果としては、15階のレギュラーフロア、ダブルにそのままアサインされました。激混みのせいか、SPGアメックスカードのなんちゃってゴールドステータスによるアップグレードはなかったようです。それでも、14時までのレイトチェックアウトはしっかりと通りました。

15階レギュラーフロアダブルのお部屋

横浜ベイシェラトン&タワーズは、全体的に、『お皿』のような形をしています。今回は、その一番端っこのお部屋となりました。

前回は、27階のプレミアムフロアツインだったので、残念ですね。

横浜ベイシェラトン&タワーズ宿泊記 プラチナ特典で最上階クラブプレミアムツインへアップグレード@2018年6月

まずは、お部屋に入って直ぐ左手にクローゼットがあります。ちなみに、横浜ベイシェラトン&タワーズは2017年にリニューアルを行ったようでお部屋自体はとっても綺麗&モダンになっています。

入ってすぐ右側は洗面台、お風呂、トイレとなります。

子供用の歯ブラシも既にセットされていました。

トイレも同じお部屋にあります。

クローゼット横の下にある冷蔵庫。ジュースがぎっしり入っています。空っぽがいいんですがね。

カップセット。

ティーセット。

ベッドはシングルを2つくっつけたダブルになっていました。

ベッド脇のメディアポート。コンセントだけでなく、ちゃんとUSBポートも用意されていました。両脇に同じものがあります。

時計。

テレビ。

テーブルの上には諸々の書類と除菌シートが置かれていました。

こちらのお部屋は高島屋ビューw。真正面でした。屋上の上には、昔懐かしい遊具が並んでいました。

選択制の朝食@コンパス

コンパスでの朝食を頂きました。

コロナ渦ではビュッフェではなく、6つの中から選ぶプレート制となっていました。ただし、朝食券で無料で選択できるのは5つ。ステーキプレートだけは⁺1400円が必要とのことでした。

子供の分がどうなるか聞いたところ、親の分を分けてもよいとのことでした。ごはんとパンはお替りできます。ということで、こちらが和朝食

こちらがアメリカンブレックファースト。子供たちがご飯を食べたいというので、私が和朝食としましたが、私も子供たちもおかずとして食べたいのは洋食の方w。アメリカンブレックファーストでごはんが選べたらよかったのにw。

オーダービュッフェの夕食@コンパス

今回は、コンパスで夕食を頂きました。こちらのホテルは、オーダービュッフェを採用していました。7月以降、いくつかのホテルでビュッフェを頂きましたが、オーダー式に変更しているのは、こちらと、プリンス新高輪内にある『スロープサイドダイナーザクロ』ぐらいですかね。テーブルごとにQRコードを読み込み、注文は全て自分のスマホ上で完結します。10月のメニューは九州・大分フェア。実は9月が北海道フェアで、楽しみにしていたら代わっていましたw。

全メニューがこちら。

中でもこちらのステーキは絶品でした。1人1皿限定。うちは、子供2人もいたので合計4皿頂けましたが、頼まないと勿体ないです。

まとめ

コロナ渦の中、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズに土曜日宿泊しました。予約はいつも通り、一番安いお部屋で取りましたが、SPGアメックスカードのなんちゃってゴールドステータスの恩恵はなく、普通に予約した通りのお部屋に案内されました。GOTOキャンペーンのせいで、宿泊客が一斉に押し寄せている影響でしょうね。

お部屋は、レギュラーフロアのダブルでしたが、2017年にリニューアルされたおかげでとっても綺麗ですし、ベッド脇のコンセントのところにUSBポートがあるなど、モダンになっています。

これまでビュッフェスタイルだった朝食は、6種類のプレートからの選択制に代わっていました。ビュッフェの方が好きなものが食べられていいですが、コロナ渦では難しいですかね。しかし、普通にビュッフェを行っているホテル等もあるので、今後どちらに落ち着くのでしょうか。また、夕食は、オーダー式のビュッフェでした。こちらは、これまで同様好きなものを注文できるのでかなりいいですね。注文すると割とすぐ持ってきていただけますし、自分がどれだけ食べかも後から確認出来て便利だなと思いました。

SPGアメックスカードでアップグレード&レイトチェックアウト

横浜ベイシェラトンへ最安値で宿泊するには、マリオットの公式サイトからの予約が一番です。お値段がどこのサイトよりも最安値(ベストレート保証)であることに加えて、15%ほどポイント(BONVOY)も取得できます。

そして、そのマリオットの予約を行うにあたり、強力な威力を発揮するのが、マリオットボンヴォイカードです。マリオットボンヴォイカードに加入するだけで、マリオットのゴールドステータスを取得できます。ゴールドステータスであれば、ルームアップグレードレイトチェックアウトの特典を自動で付帯されます。はい、横浜ベイシェラトンを120%楽しむためには、マリオットボンヴォイカードが欠かせません。皆さんもご加入をご検討されてはいかがでしょうか。

2022年マリオットボンヴォイプレミアムカードは還元率最強クレジット‼アップグレード,無料宿泊 メリット解説

マリオットボンヴォイカードへの入会は、既会員からの紹介によって入会するのが一番お得です。通常だと、入会から6か月以内に150万円を利用することで、18万ポイントが取得できます。さらに、現カード利用者からの紹介を受けて入会すると、20,000ポイントを追加で獲得することができます。つまり、合計200,000ポイントを獲得することが可能です。

この特典は、知人に限り紹介可能という制度ですが、他に紹介してくれる人に心当たりがない方は、私からご紹介いたしますので、下記フォームからお問い合わせいただくと、私からご紹介のメールを差し上げます。

    お名前はニックネームでも構いません。メールアドレスは忘れないようにお願いいたします。

    MEMO
    AMEXの紹介制度は、紹介者と入会者が「互いに連絡可能な状態にある方」が利用できますので、エドパパとお友達になっていただければ大丈夫です!コメント欄、fakebook等でコメント頂けると幸いです。

    私のFacebookアカウントからもどうぞ。こちらからでも同じようにポイント増量の特典を受けることができます。

    下のような画像の部分にあるリンクをクリックすると、加入することが出来ます。こちらも、一緒にコメント頂けると幸いです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。