Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワイモバイルの新プランは実質値上げ 新旧プランを端末込み2年間利用総額で徹底比較 2019年10月から

これまで、エドパパは、ワイモバイルは2年間の利用総額が最安値となるため、お得であることをお伝えしてきました。

格安SIM 2年総額を主要各社と比較してもワイモバイルがお得! 格安SIM比較 ワイモバイルはUQモバイルより2年総額が安くオススメ 格安SIM比較 ワイモバイルは楽天モバイルより2年総額が安くオススメ

しかし、2019年10月1日からは、いわゆる『通信料金と端末代金の完全分離』のための改正電気通信事業法によって、携帯電話の割引制度が大きく制限されることになります。これを受けて、ワイモバイルも新プランを発表しています。今回は、その新プランの内容、端末代金込みの2年利用総額について新旧プラン比較をご紹介していきます。

注意
2019年10月1日以降はプランSの端末込み2年間の利用総額1.6万円アップ

ヤフーのワイモバイルへ

スマホベーシックプランへ

2019年10月から、ワイモバイルは、旧プラン『スマホプラン』から、新プラン名『スマホベーシックプラン』へと変更されます。

そして、プラン名の変更だけでなく、中身も大きく変更されています。変更点は主に以下の4点となります。10月に入って、通信容量が突然4GBにアップしました。(要データ増量オプション、ただし当初2年間キャンペーンで無料)

新プラン変更点
  1. 基本料金値下げ
  2. 2年縛りの廃止
  3. 端末販売価格値下げ
  4. 通信容量が4GBにアップ

これだけ見てみると、全て良いことしか書いてないじゃないか!と思われるかもしれませんが、この変更点をそのまま受け入れることは出来ません。実は、実質値上げになっているんです。ちなみに、国内無料通話時間は10分で変更はございません。

基本料金値下げ!

まず、基本料金ですが、旧プランから新プランになって、額面の金額は値下げ(S,Mは300円、Rは1,300円)されています。

ちなみに、一番容量の多いプランLは、プランRへと変更となり、容量も少し減っています。これは改悪でしょうかね。しかし、格安を求めるユーザーが選択するワイモバイルにおいて、どれぐらいの方がプランLを選択していたかは不明ですが、きっとワイモバイルとしては影響が小さいと考えて変更するのでしょう。

新旧プラン価格表

プラン容量
S2,980円2,680円3→4GB
M3,980円3,680円9→12GB
L→R5,980円4,680円21→17GB

確かに、上記のとおり、額面の基本料金は減少しています。しかし、これまでワイモバイルはワンキュッパ割として、当初1年間だけ基本料金から1,000円割引を行うセールを行っていました。↑の画像でもはっきりと、『14か月目以降の月額料金が最大12%おトク』であることが書いてあります。13か月目までは旧プランの方がお得なんですね。

ただし、新プランでも、新規割という新しい割引制度がスタートします。こちらは、当初6ヶ月間700円を毎月割引するというものです。つまり、合計で4200円の割引ですね。

新旧プラン2年間利用総額比較表

そこで、ワンキュッパ割新規割を考慮した2年間の利用総額を比較したのが、以下の表となります。

プラン
S59,520円60,120円
M83,520円84,120円
L→R131,520円108,120円

如何でしょうか。旧プランに比べて新プランの方が料金が上がってしまいました。プランS、M共に600円程新プランの方が高いです。プランL→Rは容量も変わっているため比較対象外とさせていただきます。

2年縛りの廃止!

これははっきりと改善と言えるでしょう。これまでは、2年間の利用を約束する代わりに契約解除料9,500円が掛かっていましたが、2019年10月1日契約の新プランからは、この縛りも契約解除料も無くなります。

通信容量が4GBにアップ

こちらは、10月に入ってから突然追加されました。以前のスマホプランSは通信容量が2GBで、データ増量オプションの利用で3GB利用できていました(当初2年間無料)。今回、スマホベーシックプランSへの変更にあたり、通信容量が3GB、データ増量オプションの利用で、トータル4GB(当初2年間無料)利用できるようになっています。

端末販売価格値下げ?!

端末販売価格は、額面上値下げということになっています。下の例にあるのは、Android one S5が49,200円から29,455円へと19,745円値下げ。これは、改正電気通信事業法によって、スマホの端末割引上限2万円になっているためですね。

追加:端末価格(定価)が下がった

2019年10月以降の契約では、端末価格(定価)が多少値下がりしました。例えば、iPhone 6S 32GBは、36回払、24回払、一括払いのいずれでも定価34,560円→購入時の割引で16,344円となりました。しかし、以前は、一括540円で購入可能でしたので、実質16,000円ぐらいのアップということになりますね。また、iPhone SEは公式HPでの取り扱いがなくなりました。

上で紹介した、Android one S5は、定価が49,200円だったものが、32,400円へと値下げされました。そして、分割支払い割引が18,216円で、最終的な支払額は14,184円(月額394円)となります。

しかし、待ってください。実はワイモバイルは以前からiPhone 6SiPhone SE540円Android one X4に至っては一括5円で販売していました。(X4はワンセグ&おサイフケータイ付きですが、S5は両方ともありません。)

つまり、端末販売価格は、明らかな値上げとなってしまいます。

(以下は、10月以前の執筆時の情報となります。

ちなみに、iPhone SE 32GBの定価は44,604円ですので、これが2万円割引された場合には、24,604円となります。はっきり言って、端末の価格は、これ以上下げることは不可能でしょう。法律に上限額が決められてしまいましたからね。可能性があるとすれば、中古品を安く販売するくらいでしょうか。→まさかの端末定価を値下げしてきました。これは、他の各社(UQ、楽天モバイル)も行っているようですね。

新旧プラン端末込み2年間利用総額比較表

これまでの検討結果を基に端末料金込み(iPhone 6S 32GBへ変更)の2年利用総額新旧プランで比較したのが下の表になります。

プラン
S60,060円76,464円
M84,060円100,464円
L→R132,060円124,464円

はい、端末込みの2年間利用総額では、実に1.6万円もの利用額アップとなります。

期待は新キャンペーンか

現在のところ、2019年10月1日から新しいキャンペーンが行われるかどうかは分かりません。もしなければ、単純に10月以降は大幅に携帯の利用料金が上がってしまいます。しかし、携帯電話の端末代金自体は割引額が2万円と決まっていますので、これ以上の割引は期待できません。。。そうなってくると、単純に毎月の利用料金が安い格安SIM会社が2年間の利用総額も安くなってきます。こちらについては、10月になってみないと良く分からないので、結果を待つしかないですね。

ここで、悲報が1つ。これまで、ワイモバイルの契約は、公式HPよりもYahoo!が運営するYahoo!モバイルストア5の付く日に購入すると、10,555円ポイント(Paypayボーナス)獲得することが出来ていましたが、10月以降はこれがS,M,Lどのプランでも一括3,000ポイント(Paypayボーナス)となるようです。実に、8000ポイント近く減額となりました。残念。

ポイントバックが大幅減額になってしまいましたので、次のチャンスとしては、正規代理店ヤングモバイルによる現金キャッシュバック1万円でしょうか。

ワイモバイルに乗り換えるなら現金キャッシュバックのヤングモバイル(正規代理店)でMNPを

【200×200】ヤングモバイル

まとめ

2019年10月1日以降のワイモバイルの新しいプラン、『スマホベーシックプラン』の変更点を確認しました。スマホベーシックプランは、①基本料金値下げ、②2年縛りの廃止、③端末販売価格値下げ、④通信容量4GBアップ等一見すると、良いことばかりが並びますが、その実態は値上げとなります。特に、端末込みの2年間の利用総額では新旧プランで1.6万円のアップとなってしまいます。あと数日ですが、お得にケータイを利用するなら今のうちにワイモバイルへ乗り換えるのがいいかもしれません。ただし、10月から新キャンペーンが発表されるかもしれませんので、実際のご契約はご自身のご判断で。(10月になり最新情報に更新しました)

ヤフーのワイモバイルへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です