マリオットヴォンボイカード 無料宿泊特典のトップオフ(最大15,000ポイント)開始

マリオットボンヴォイアメックスカードは、年会費23,100円(通常)、49,500円(プレミアム)と非常に高額となっていますが、その代わりに、無料宿泊特典を1泊分貰うことが出来ます。これまでは、上限50,000ポイント固定制で、高級ホテルに泊まろうとすると少し使い勝手が悪い仕様となっていましたが、2022年4月30日から、付与50,000ポイント+自腹15,000ポイントを利用することで、最大65,000ポイントのお宿まで宿泊できるようになりましたので、実際の利用方法を確認したいと思います。

ポイント
必要ポイントは自動的に選択肢として表示

無料宿泊特典のトップオフ

2022年の制度改正により、マリオットは、ポイント宿泊に必要なポイント数をフレキシブルポイントに変更していました。そして、マリオットに宿泊する際に絶大な影響力を有するマリオットボンヴォイカードの無料宿泊特典についても併せて変更することとしていました。これまでは、50,000ポイントの上限固定でしたが、2022年4月30日からは、いずれのカードも自分の保有する15000ポイントを追加して利用することができるようになりました。通常、マリオットボンヴォイカードは、年間150万円以上の決済額で35,000ポイント分の無料宿泊特典プレミアムカード150万円以上の決済額で50,000ポイント分の無料宿泊特典が付与されます。それが、ボンヴォイカードが最大50,000ポイント分、プレミアムカードが最大65,000ポイント分の無料宿泊権利と交換できるようになりました。

 通常プレミアム
150万円以上利用35,000ポイント分50,000ポイント分
追加15,000利用50,000ポイント分65,000ポイント分

追加ポイントは自動で適用

無料宿泊特典を利用する際に、実際にどのようにして選択するのかを確認していきます。まずは、プレミアムカードで付与される50,000ポイントの場合。ご覧のように無料宿泊特典50,000ポイントの選択肢と、ポイントを利用した宿泊の選択肢どちらかを選択することが出来ます。

次に65,000ポイント必要な場合の表示となります。こちらは、無料宿泊特典分の50,000+15,000ポイントが自動的に適用された選択肢と、全部自分の65,000ポイントを利用した場合の選択肢を選択することが出来ます。

ちなみに、こちらは64,000ポイントの宿泊の場合。こちらも無料宿泊特典50,000+14,000ポイントが選択肢と出ています。つまり、50,000ポイント以上が必要な場合は、自身が保有する無料宿泊特典に自動的に必要なポイント数を足して、選択肢として表示してくれます。

そして、最後が70,000ポイントの場合。こちらは当然、無料宿泊特典の選択肢は表示されず、自分の70,000ポイントを利用した場合しか表示されません。

まとめ

マリオットボンヴォイカードのトップオフがスタートしました。これまでは、50,000ポイントの上限固定でしたが、2022年4月30日からは、いずれのカードも自分の保有する15000ポイントを追加して利用することができ、マリオットボンヴォイカードは、最大50,000ポイント分、プレミアムカードが最大65,000ポイント分の無料宿泊権利と交換できるようになりました。適用も必要ない場合は、無料宿泊特典だけの選択肢、必要な場合は、必要なポイントを加えた選択肢と、全額ポイントを利用した場合の選択肢を提示してくれているので、簡単です。ただ、これからはGOTOキャンペーンも再開されるのでしょうし、ポイント宿泊よりも現金利用の方が増えるかもしれませんんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。