大分別府温泉 杉乃井ホテルはプールが充実で子連れ旅行にピッタリ

エドパパは、2018年9月に九州は大分県別府温泉の杉乃井ホテルへ行ってきました。こちらに行った理由は、2年前に一度行って楽しかったからです。先月2018年8月には、宮崎県のシェラトンシーガイアリゾートへ宿泊してきましたが、九州ではどちらが子連れ旅行にピッタリかを見極めるため、再度訪問した次第です。

7月にもエドパパたちは、夏休み第1弾として、ルネッサンスリゾートオキナワへ行ってきました。 まだまだ遊び足りないエドパパと姫(5歳)、王子(3歳)は、夏休みの第2弾として、宮崎は、シェラトングランデオーシャンリゾートへ行ってきましたので、ご報告...

 

ポイント
杉乃井ホテルはプールが充実で子連れ旅行に最高

 

アクセス

羽田空港から大分空港までは、1時間40分です。

さらに、大分空港からは車で1時間ほどで到着できます。エドパパは、今回、帰りの飛行機が台風で飛ばなかったため、急遽福岡空港までレンタカーで移動しましたが、福岡空港までも2時間ほどで行けました。福岡旅行のついでに行くのも全然ありかなと思いました。当日の飛行機の変更は、ブリティッシュエアの特典航空券で行いました!

エドパパは、マリオット/SPGのトラベルパッケージを利用して、162000マイルもの大量のマイルをゲットしました。 さて、大量にゲットしたマイルを使うには、特典航空券を予約/発券しないといけません。今回は、ブリティッシュエアウェイズでの特典航空券予約/発...

別府駅からは15分間隔で送迎バスが出ています。

 

ふるさと納税でお得に旅行を予約

いつもエドパパは、マリオット/SPG系のホテルによく宿泊しています。

エドパパは、マリオットのプラチナチャレンジに挑戦すべく2017年4月に沖縄へ行ってきました。そこで、オキナワのマリオットリゾート&スパへ宿泊してきたときの様子をこちらにまとめておきます。プラチナチャレンジに限らず、こちらは沖縄最大級の屋外プールがあるた...

マリオット系であれば、無料ルームアップグレード無料朝食等が付いてきます。それでも、今回、マリオット系にしなかったのは杉乃井ホテルが楽しいからですね。しかし、杉乃井ホテルは、普通に予約して、普通に宿泊するしかありません。でも、少しでもお得に宿泊するために、エドパパは、ふるさと納税を利用しました。

残念ながら、総務省の通達により、以前のような高還元率の旅行券は無くなってしまいました。しかし、ふるなびでも、栃木県矢板市は、50%の還元率の日本旅行のギフトカードを取得することが出来ます。こちらのギフトカードは、栃木県に旅行する必要はなく、日本全国どこへでも行くことが出来ます。

しかも、ふるなびであれば、寄付金額の1%分のAmazonギフトコードも貰えます。こちらも、上記総務省の通達により、来年3月までには無くなってしまう可能性がとても高いので、取得するなら今ですよ!

 

おススメポイント①プールが充実

エドパパが、子連れ旅行にピッタリと考えるホテルは、屋内プールがあるかどうかです。個人的に、子連れ旅行のNO.1ホテルは、ルネッサンスリゾートオキナワですが、こちらは、屋内プール+大小2つのスライダーがあります。

それほどホテルを巡ったわけではないですが、国内のいくつかのホテルを利用した結果、個人的に子連れで旅行する際に一番おススメするのが、ルネッサンスリゾートオキナワです。なお、対象は0歳から6歳くらいです。それ以上の子供になるとまた違ったポイントが出て...

杉乃井ホテルは、屋内プールとして、アクアビートがあります。そして、屋内には、幼児が滑れるようなスライダーはありませんが、波の出るプール流れるプールがあります。外には、スライダーはあるのですが、9月はもう寒くて、我が家の姫(5歳)ぐらいしか滑っていませんでしたw。

屋内プール

こちらは、年によって営業期間が異なりますが、今年(2018年)は、2018年4月1日~10月28日まで営業しています。昨年は、9月一杯までしか営業していませんでした。このホテルに来る人は、ここを目的に来る人も多いでしょうから、通年営業にしたらいいのにと思います。

波の出るプールは、30分ごとに5分間ほど波が出ます。

流れるプールは、ジャングルの中をイメージしており、中には、動物がいくつかいます。さすがに写真は取れませんでしたので、ご自身で行ってみてください。

屋外プール

屋内プールと続いています。そのため、営業期間は、アクアビートと同じです。夏に来るとこちらも目一杯楽しめますが、9月、10月だともう寒くて外に出ずっぱりは難しいですね。一応、温水なので、ずっと浸かっているいる分には温かいです。

キッズ用プールもあります。こちらには、気に隠れていて見えていませんが、象さんの滑り台も一応あります。

また、このアクアビート以外にも、アクアガーデンというスパもあります。こちらは、完全にお湯のプールになっていて、外にあります。アクアビートとアクアガーデンは直接繋がっていないのですが、行き来することは可能です。(道路を普通に水着で渡ることになります)

家族やカップルで一緒に楽しめる水着の屋外型温泉

水と光と音が織りなす幻想的な噴水ショー、温泉泥を使った「ファンゴセラピー」、約30種類の塩を選べる「ソルティサウナ」、高い塩分濃度のお湯に浮遊できる「フロートヒーリングバス」など、温泉エンタテイメントが満載!見て、聞いて、体験して、五感を使って楽しめる新感覚の温泉です。

プールに入りながら噴水ショーを見ることも、プールサイドから眺めることも出来ます。噴水ショーは、夜に開始されるので、エドパパはごはんを食べてから見に行きました。

 

おすすめポイント②食事がとっても美味しい

エドパパは、これまで行ったリゾートホテルの中で、一番おいしいんじゃないかと思いました。2年前に行った時も美味しかったですが、今回も美味しかったです。

メインのレストランとしては、2つあります。HANA館のさらに先にあるシーダパレスと本館の下にあるシーズがあります。シーダパレスのほうが少しだけお値段が高いです。

朝食編

一部ではありますが、ご紹介していきたいと思います。

もちろん、パンは一杯あります。これもごく一部です。

手作り湯布院ジャムも7種類ありました。とっても美味しいですよ。

釜焼きパンも豊富です。

定番のソーセージにカリカリベーコン、ハム等もありました。

サラダも種類が豊富で美味しいです。 

エッグステーションは4つありました。具材を自分で選んで作ってもらえます。

つきたてお餅ももらえます。あんこにきな粉もあります。

ご飯のお供も豊富です。納豆に海苔、明太子があります。

とろろにシラス、大根おろしもありました。

中華粥もあります。ホテルには、中国人の方も一杯いらっしゃったので喜ばれるのでしょう。

秋刀魚もあります。

中心には水槽があります。このお魚を食べられる訳ではありません。

朝からソフトクリームも食べられます。

夕食編

すいません、写真をとり忘れましたが、杉乃井ホテルで忘れていけないのは、フォアグラ丼が食べ放題についてきて、しかも、かなり美味しいです。その他にも、ふかひれラーメンや、うな丼なども小さい器で頂けますので、少しずつたくさん食べることができます。

ピザです。後ろに少し写っていますが、釜で焼き上げています。      

チーズの容器に入ったパスタです。とってもおいしいですね。

ソーセージとから揚げ(とり天)です。

豚のモモ肉のローストです。美味しかったですよ。

ビーフシチューです。

てんぷらもとっても美味しかったです。ただ、ナスと、シシトウだけでした。

おひたしとお魚の煮付けです。

ステーキもありましたが、とっても美味しいです。エドパパは2人前ぐらい食べちゃいました。

スープは毎日変わっていました。

チーズもありました。燻製もあってとっても美味しいです。そのほか、スナック、ポテトチップスもありました。

 

フルーツは、ナシ、キウイ、シャインマスカット、巨峰、メロン(赤肉、青肉)ととっても充実していました。

デザートのケーキ類です。

なんと、アイスはハーゲンダッツが食べ放題です。味は、バニラ、チョコ、抹茶の3種類だけです。

 

おススメポイント③子連れでも安心

杉乃井ホテルは、温泉も楽しめ、ボーリング場も併設されているなど、大人もしっかりと楽しむことができるホテルです。でも、子連れでも気兼ねなく宿泊することが出来ます。

子供用パジャマももちろん用意されていますし、歯ブラシ、スリッパ等も子供用がちゃんと準備されています。

さらに、レストランも子連れが気兼ねなく食事できる一画が用意されています。こちらは、上に電車が走っている、絵本が用意されているなど、子供への配慮がたくさん詰まっています。この辺、星野リゾートのリゾナーレ等も一緒だとは思いますが、それ以上の充実ぶりだと思います。

また、レストランの外側にある、大気スペースには、綿菓子の機械も用意されています。当然、無料ですよ!レストラン内にもありますが、レストランを待つ際にはとっても嬉しいです。

おすすめポイント④温泉も楽しい

別府温泉と言えば、温泉です。杉乃井ホテルも当然温泉が引かれています。こちらの温泉は、棚湯といって、高台から別府湾を一望できます。天気がいいと四国も見えます。

姫(5歳)は、お風呂がそんなに好きではありませんが、ここのお風呂は、あっちに入り、こっちに入りといくつも楽しんでいました。

絶景の露天風呂「棚湯」別府湾を一望できる棚田状の大展望温泉
 
5段からなる湯船を棚田状に広げた大展望露天風呂「棚湯」。別府湾や街の夜景、そしてはるか四国佐田岬までを借景にした、圧倒的な開放感と眺望をお楽しみいただけます。

◎1段目(最上部) ガラスで仕切られた内湯です。
◎2段目(半露天) 屋根のひさしがかかるようになっており、雨天でも雨に濡れずゆったりと眺望をお楽しみいただけます。
◎3段目(露天) 3段目は最も幅が広く雄大です。
◎4段目(露天) 東屋とつながり足湯が楽しめます。
◎5段目先(端部分/露天) 寝湯が楽しめるようになっています。

 

おすすめポイント⑤温泉街がまた楽しい

別府温泉は、日本有数の温泉街ですので、温泉街を渡り歩くだけでも楽しいです。

地獄めぐり

別府温泉には、温泉の特徴に応じて、海地獄、血の池地獄など、8つの地獄があります。これらをめぐるのも楽しいですよ。注意点としては、お子さんによってはちょっと怖がってたりするかもしれません。

  

血の池地獄。

間欠泉が出てくる地獄もあります。

海地獄。棒の先にあるのは、卵を茹でるためのカゴです。

かまど地獄。

蒸し焼き

温泉の蒸気を利用した、蒸し焼き料理も楽しめます。お味は、まあ普通の蒸し野菜ですw。お試しになられてみては?

メニューは非常に一杯あります。現地でお好きなお野菜1品から蒸せます。

 

まとめ

2018年9月に九州、大分県の別府温泉の杉乃井ホテルに宿泊してきました。杉乃井ホテルは2度目となりますが、変わらずの楽しいホテルでした。1日中プールで過ごすもよし、観光するもよし、ご飯はとっても美味しいで、エドパパもエドママもとっても大好きなホテルです。

1つだけ注意点が

1点だけ気になったところとしては、レストランの混雑です。入ってからは大丈夫なのですが、入るまでに時間が掛かることがあります。エドパパたちは金、土曜に連泊したのですが、金曜日の夜は5時半ごろに入り全く並ばず入ることが出来ました。出てきた際には、数組待っている方々がいました。しかし土曜日の6時ごろに入店しようとすると、多くの人たちがレストランの前に集結していました。結局入店出来たのは40分後ぐらいでしたが、レストランに入る時間を選ばないとかなり待つことになってしまいます。

個人的には、九州、子連れ旅行NO.1ホテルだと思っています。子供と大人が一緒にアクティブに楽しむなら、1度は訪れてみて下さい。前回訪問した、宮崎シーガイアリゾートは、大人が優雅に楽しむなら、NO.1だと思います。何を重視するかで選ぶホテルも変わってくると思います。皆さんはどちらを選びますか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です