2018年SPGホテルカテゴリー変更が判明、国内は0勝3敗

2018年のSPG系(シェラトン、ウェスティン等)ホテルの新しいカテゴリーが発表されました。

国内SPGホテルの結果は、以下のようになりました。

カテゴリーアップ 3軒

 

2018年SPGホテルカテゴリー変更の内容

SPG系のホテルは、ホテル毎にカテゴリーが決められ、そのカテゴリーによって無料宿泊に必要なポイント数が変わってきます。

  • カテゴリー変更適用日:2018年3月6日

 

詳細はこちらのHPから(リンク切れしていたので削除しました)

国内は0勝3敗

ここでは、カテゴリーアップを負け、カテゴリーダウンを勝ちとします。

国内のホテルは、3軒がカテゴリーアップとなり、なんと0勝3敗となりました。

なんとなくですが、キロロは2つシェラトン系のホテルがあり、2つともカテゴリー4だったので、そろそろ1つ上がるかな~と思っていました。

ホテル名2017(旧)2018(新)
シェラトン北海道キロロリゾート45
フォーポイントバイシェラトン函館24
セントレジス大阪67

セントレジス大阪はSPGAMEX更新特典の対象外へ

SPGAMEXの更新特典として、カテゴリー6までのホテルに無料で宿泊できる特典があります。

そして、今回カテゴリーアップとなったセントレジス大阪は2018年から更新特典での無料宿泊が出来なくなりました。残念。

これで、国内のカテゴリー7のホテルは、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクション、翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都に次いで、セントレジス大阪で3軒目です。毎年1軒ずつ増えていますね。

まとめ

今年のカテゴリー変更は、国内が0勝3敗と惨敗です。

特に、セントレジス大阪のカテゴリー6は、カテゴリー7へ上がると、必要なスターポイント数が10000上がってしまいます。SPGAMEXの更新特典である無料宿泊も出来なくなってしまい、残念ですね。

2020年のオリンピックまでは、この状況が続くんでしょうか。

SPG系のホテルカテゴリー一覧は、こちら↓をどうぞ。

SPG 都道府県別ホテルリストと参考価格、クラブラウンジ有無

 

マリオットホテルカテゴリー一覧は、こちら↓をどうぞ。

マリオット 都道府県別ホテルリストと最低価格、クラブラウンジ有無、無料宿泊必要ポイント一覧表

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です