SPG AMEXカードの新プログラムの更新特典内容はポイントベース

いよいよ2018年8月18日にマリオット/SPG/リッツカールトンのプログラムが統合されます。

マリオット SPG 統合プログラム日程&内容 SPGAMEXはゴールド付帯
SPG/マリオットに関して、2019年にプログラムを統合するということでしたが、統合の工程、ステータス等について、一部が判明しました。8月にプログラム統合、ステータスは6段階に 8月にプログラムを統合統合の日程は、8月1日にマリオット、SPG、リッツカールト...

統合に合わせ、SPG系の専用カードとして発行されているSPGAMEXカードの更新特典(1泊無料)がどうなるのか注目でしたが、新プログラムでの特典が判明致しました。

 

カード保有でゴールドステータス付与

現在、SPGAMEXカードによって、SPGのゴールドステータスを取得することができます。さらに、SPG、マリオット、リッツカールトンのステータスマッチによって、3つ全てにおいてゴールドステータスを貰えるという棚ぼたな状況にあります。これにより、マリオット系列のホテルでは、朝食無料、クラブラウンジ無料という超絶お得特典がカードを発行するだけで可能となっています。

ゴールドステータスの特典 SPG マリオット リッツカールトン
無料朝食 × ×
クラブラウンジ利用 × ×
部屋のアップグレード
16時までのレイトチェックアウト

今回、8/18の新プログラム統合によってSPGAMEXの特典内容が変更されましたが、カード保有によるステータスはゴールドとなりました。

同じゴールドですが、これまでのゴールドではクラブラウンジ無料、朝食無料が付いていましたが、アップグレードとレートチェックアウトのみとなりました。

ゴールドステータスの特典 新プログラム 現マリオット 現SPGリッツ
無料朝食 × ×
クラブラウンジ利用 × ×
部屋のアップグレード
レイトチェックアウト 14時まで 16時まで 16時まで

新プログラムのクラブラウンジは、プラチナステータス(50泊)から利用が可能となっています。

更新特典の無料宿泊はポイントベースに

こちらも制度として大きく変更されました。これまでは、SPGのカテゴリー1~6までのホテルに1泊無料宿泊出来る権利を貰えていました。

新プログラム対応のSPGAMEXカードの更新特典は、マリオット、SPG、リッツの50000ポイント分の宿泊権利を取得することになります。

2018年中はカテゴリー毎に一対一で対応していますので、カテゴリー6までのホテルに宿泊することが出来ます。パッと見は変わらずカテゴリー6ですが、新プログラムでは、カテゴリーが増えているため、ウェスティンルスツなどは泊まれなくなりました。

一方、2019年からはカテゴリー毎のポイント数は、ピーク、オフピークで異なるポイント数となっています。

新プログラム無料宿泊必要ポイント一覧

カテゴリ 2018 2019(オフ) 2019(ピーク)
1 7500 5000 10000
2 12500 10000 15000
3 17500 15000 20000
4 25000 20000 30000
5 35000 30000 40000
6 50000 40000 60000
7 60000 50000 70000 
8(2019年から) 85000 70000 100000 

 

つまり、オフピークであれば、カテゴリー7のホテルにも宿泊することができますが、ピーク時には、カテゴリー6のホテルにも宿泊することは出来ません。

これを改善というか、改悪というか、は個々人の使い方ということになるのでしょうが、単純に考えて我が家の大好きなルネッサンスリゾート沖縄には、夏に泊まれないこととなります。

沖縄 子連れおススメホテル NO.1 ルネッサンスリゾートオキナワ
それほどホテルを巡ったわけではないですが、国内のいくつかのホテルを利用した結果、個人的に子連れで旅行する際に一番おススメするのが、ルネッサンスリゾートオキナワです。なお、対象は0歳から6歳くらいです。それ以上の子供になるとまた違ったポイントが出て...

いや、沖縄のホテルは全て夏に宿泊することが出来ません。

但し、実際にピーク、オフピークがどのように設定されるのかにもよりますので、ここで嘆くのは早計です。

新プログラムのカテゴリー設定が明確に決まってから改善、改悪がハッキリとすると思います。

エドパパ的には、ルネッサンスリゾートオキナワのアップグレード、レイトチェックアウトは残っているので、まぁ、SPGAMEXカードは継続して持つかなと考えています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です