5歳(年長)娘がRISUきっずを受講してみた

我が家の姫(5歳:年長)は、既にポピー、こどもちゃれんじを受講していますが、数字、算数について、まだまだやりたいと学習に意欲を燃やしていますw。前者の2者ともそれほど、分量が多くなく、楽しく進めていけているからでしょうか。

我が家の姫(4歳、年中)は、5月からポピーのポピっこを受講しています。11月となり、ちょうど半年が過ぎましたので、これまで受講して分かった通信幼児教育のメリット、デメリットを紹介して行きます。 ポピーの教材の中身をご紹介まずは、教材の中身について軽...

そして、今回、さらに、数字に強くなってほしい/親しんでほしいと思い、RISU算数/RISUきっずという、通信教育に申し込んでみました。その内容について、以下で触れていきたいと思います。

RISUきっず/RISU算数とは

まず、RISUきっず、RISU算数とは、「RISU Japan株式会社」という会社が運営している、タブレットを利用した自宅通信教育です。RISU Japan株式会社は、2014年に設立された比較的新しい会社になります。通信教育の他、塾や家庭教師も運営しているようです。

対象年齢は、RISUきっずが年中、年長(4~6歳)、RISU算数が小学生(6~12歳)となります。

RISU算数の狙いは、以下のようになっています。

タブレット学習+東大生らの個別フォローで、1人1人にピッタリの学びを

  • 75%のお子様が、学年より上のステージを先取り!
  • 1人1人に教材が変わるから「100点があたりまえ」に
  • 学習習慣付け・苦手克服もビデオレターでフォローアップ

学習方法としては、タブレットを利用して、算数の問題を解いていきます。採点はその場でタブレットが行ってくれます。そして、学習の合間合間に、チューター役の先生からフォローが入ります。

受講費用

RISUきっず、RISU算数とも、受講開始に当たり最初に1年間の受講料を支払う必要があります。金額は両者とも同額で、29760円(月額2480円)です。1か月、6か月等の分割払いはありません。

姫(5歳)が受講している、こどもちゃれんじも大体同じ月額(1944円/月:一括払い)となっています。ちなみに、今年の10月から公文は値上げして、1教科7560円/月(東京、神奈川)となるそうです。公文に比べれば約3分の1ですね。

そして、RISUきっずはこの金額から1年間変わりませんが、RISU算数は、この金額をベースとして、早く進めるほど金額が上昇するそうです。具体的には、以下のようになります。

1~6年生まで合計94ステージを、6年間(72ヶ月)で学ぶスピードが「月平均1.3ステージ」となります。これより早いご利用スピードの場合にのみ、ご利用料がご請求となります。

1.5倍のスピードで学習した場合、3000円強、2倍のスピードで学習した場合、6000円程度となり、MAX14800円/月掛かる計算となります。

受講料について、詳しくは、公式HPをご参考に。

 

タブレット学習は現代っ子にピッタリ

姫は、もちろん、Youtubeが大好きな現代っ子です。ま、大人も好きですがw。そして、RISU算数もタブレットを利用した学習となっています。教材の写真はこちら。見えずらくてすいません。画面は9インチサイズでしょうか。専用のケースに入っており、タッチペンも付属しています。

 

最初は、『かずをかぞえよう』のステージしか選択できません。数字の読み方、数字の大小等の問題となっています。

最初にどこを押して問題を解くか、答え合わせはどこを押すかを教えると、後は1人でどんどん問題を進めていきました。

ステージ1の問題の1つです。野球ボール、サッカーボール、ラグビーボールの数を数えて入力します。

姫(5歳)には少し簡単すぎたようで、2日間でこれだけ進んでしまいました。100点がこれだけ並ぶのは壮観ですねw。姫も100点取れたと喜んでどんどん自分で問題を解き進めて行きます。ちなみに、1度間違えても、同じ問題をもう1度解くことが出来、2回目に100点を取ることが出来ます。

画像右上に頑張りポイントとありますが、1問解いていく毎に10ポイント貰えます。27問解いたので270ポイントゲットです。このポイントを貯めると、景品と交換できるようです。左下にiphoneがありますが250000ポイントでした。2万5千問も問題を解いたら、東大に入れるでしょうかw。

チューターからの応援メッセージもある

1日の学習を終えると、登録していたメールアドレスに大人に対して、進捗状況を知らせるメールが届きます。このメールを確認することで、大人も、子供がどこまで進捗しているか、どこに躓きそうかを知ることが出来ます。

次の日に問題を始めると、チューターからのフォロー動画が配信されています。その後、順調に問題を進め、最初のステージ(30問)を全部解き終えました。すると、チューターからステージクリアのお祝い動画が届いていました。

姫(5歳)は『何、このおばちゃん』と言っていましたが、お姉さんです。大学生ですよw。これまでの学習のポイント、難しくても頑張ったことを褒めてもらえます。子供も喜んで次の問題に進むことができます。

まとめ

RISUきっずを受講してみました。RISUきっずは幼児から始められる算数用の教材となります。問題は、タブレットを使用して解いていき、自分のペースで進めることができます。

RISUきっずのポイント
  1. タブレットで問題を解くのでゲーム感覚
  2. 1問1問が絵と共に表示され分かりやすい
  3. 問題を解くと100点が取れ、次もやりたくなる
  4. 29760円/年間(2480円/月)の受講料

RISUきっず、RISU算数は、通常申し込むと、いきなり年間分の利用料金29760円を支払う必要があります。

しかし、下記のリンクから申し込み、クーポンコード「koz07a」をご記入いただくと、1週間のお試し入会(1980円は支払う必要あり)が可能です。1年間続ける場合は、29760円のみ支払い、1980円は支払う必要ありません。

RISU算数/RISUきっずを申込!

皆さん、ご入会をご検討してみては如何でしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です