MENU

プリンスポイント改悪への布石か!?2022年ポイント交換はまさかの継続延長。その後縮小決定

SEIBU PRINCE CLUBのプリンスポイントは、ポイント無料宿泊を利用すると、1泊30,000円の大磯プリンスホテルに8,000ポイントで宿泊できるなど、とってもお得です。

大磯プリンスホテルのオーシャンビューツイン&ロングビーチの夏休み

そして、2022年のポイント交換は、まさかの2021年からの継続延長となりました。

プリンスポイント2021交換商品期間延長

これまで、プリンスポイントの交換商品は、毎年1月1日~12月31日までの期間を1年の単位とし、12月末ごろに次の年の交換商品を発表していました。そして、2022年の交換商品については、まさかの、『2021交換商品期間延長』が発表されました。2021年の交換商品をそのまま維持し、12月31日までの期限を3月21日まで延長して、2022年版はまだどうなるか不明な状態です。そして、2021年の交換商品兼2022年3月21日までのホテル宿泊券のポイント数はこちらとなります。

2022年宿泊必要ポイント数

6000ポイントサンシャインプリンスホテル(パノラマフロアツインB)
川越プリンスホテル(スタンダードツイン)
雫石プリンスホテル(スタンダードツイン)
札幌プリンスホテル(スタンダードツイン)
釧路プリンスホテル(スタンダードツイン)
苗場プリンスホテル(4号館ツインまたは6号館ツイン)
万座プリンスホテル(東館ツイン)
十和田プリンスホテル(レイクサイドツイン)
8,000ポイント東京プリンスホテル(スーペリアツインまたはダブル)
品川プリンホテル(メインタワーツイン)
東京ベイ潮見プリンスホテル(スタンダードツイン)
新宿プリンスホテル(デラックスツイン)
新横浜プリンスホテル(ツインまたはダブル)
大磯プリンスホテル(オーシャンビューツイン)
函館大沼プリンスホテル(モデレートツイン)
屈斜路プリンスホテル(東館ツイン)
名古屋プリンスホテルスカイタワー(スカイフロアツインまたはキング)
びわ湖大津プリンスホテル(スカイフロアツインまたはダブル)
日南海岸南郷プリンスホテル(ダブル)
12,000ポイントグランドプリンスホテル高輪(スーペリアツイン)
グランドプリンスホテル新高輪(スーペリアナチュラルツイン)
グランドプリンスホテル広島(プレミアツイン)
箱根湯の花プリンスホテル(和室)
箱根仙石原プリンスホテル(スーペリアツイン)
軽井沢浅間プリンスホテル(ツイン)
鎌倉プリンスホテル(ハリウッドツインまたはツインB)
20,000ポイント(朝食付)ザ・プリンスパークタワー東京(パノラミックツインまたはキング)
ザ・プリンスさくらタワー東京(デラックスツイン)
ザ・プリンス箱根芦ノ湖(本館ガーデンビューツイン)
ザ・プリンス軽井沢(スーペリアツイン)
ザ・プリンス京都宝ヶ池(クラブフロアツイン)
川奈ホテル(オーシャンビューツイン)
中国割烹旅館 掬水亭(くつろぎ和モダンAまたはBまたはC)
45,000ポイントザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町(デラックスキングまたはツイン、朝食付)
グランドプリンスホテル高輪 高輪花香路(和室D、朝食付)
三養荘(新館和室スタンダードタイプ、朝夕食付)

ポイント数維持は改悪の布石?!

とりあえず、2022年3月21日までは2021年と同じポイント数だということが決定しました。そして、3月22日以降がどうなるかは、ニュースリリースに少し書いてありました。ポイントとしては、1.会計時のポイント利用をスタート。2.『1』の開始に合わせ、ポイント交換のラインナップ縮小。です。

ポイントをお会計時に充当することでよりお得に、かつ商品券への交換の手間が省けるようになります。また、行動の制約が長期化する中、宿泊券等に交換されてもご利用いただけない状況が続いておりましたが、ポイントをより有効にご利用いただくことが可能になります。

また、2022 年3月下旬からのポイント利用サービスの開始に合わせ、現在ポイント交換の対象としている「2021 年交換商品」につきましては、交換期間を 2022 年3月 21 日(月・祝)まで延長いたします※2。来年の交換商品につきましては、今回のポイント利用サービス開始に伴い、そのラインナップを縮小します。

1方で改善(会計時のポイント利用)をしつつ、他方で改悪(ラインアップ縮小)が行われることとなりました。西武のプリンスポイントは利用し第によってはかなりお得ですので、ラインアップの縮小はかなり残念ですね。

マリオットはフレキシブルポイントへ移行

別件ではありますが、マリオットグループも2022年3月時点でのポイント制度の大幅な変更を発表しています。

マリオット カテゴリー廃止で柔軟なフレキシブルポイント制度に!無料宿泊特典のトップオフも 2022年3月

マリオットは2022年3月からは、これまでの半固定ポイント数に代えて、宿泊費用に連動したフレキシブルポイント制度を採用する予定です。こちらも2022年2月か3月になるまで、制度の全容は分かりません。

そして、マリオットとプリンスホテルは、ザ・プリンスギャラリー紀尾井町やザ・プリンスさくらタワーオートグラフコレクションのように両社が経営に携わるダブルネームのホテルも幾つかあります。ひょっとすると、ダブルネームのお部屋では、プリンスポイントでの宿泊がなくなるかもしれませんね。

2021年1月25日からアプリ限定商品も

別途の案内として、2021年1月25日からアプリ限定の商品も追加される予定です。これも、交換期限は3月21日なんでしょうかね。それとも、HPでの年間通しての案内は無理だけど、アプリで期間限定商品はこれからも出します。ってことなんですかね?詳細は1月後半にアップデートされるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook
Twitter
Feedly
SHARE