大阪マリオット都ホテル 2017年7月 夏休み旅行記 4日目@プラチナチャレンジ

エドパパは、マリオットのプラチナチャレンジに挑戦すべく、夏の家族旅行を計画しました。プランとしては、徳島2泊、大阪2泊で、ルネッサンスリゾートナルト→コートヤードバイマリオット新大阪→大阪マリオット都ホテルとホテルを転々と渡り歩きます。エドママには、何故ホテルを変えるの?と言われましたが、そこは修行だよ、ということで納得?してもらいました。プラチナチャレンジとは何ぞや?と言う方はこちら↓。それでは、4日目をどうぞ。

世界のホテルグループは、顧客獲得手段のひとつとして、ホテルを沢山宿泊してくれる会員に対して特典を用意しています。そして、マリオットも当然会員制度を有しています。マリオットの最高峰ステータスであるプラチナステータスに到達するには、普通に宿泊して75...

 

アクセス、ロケーション

大阪マリオット都ホテルは、JR天王寺駅から徒歩1分、地下鉄御堂筋線からは直結でしょうか。日本一高いビル、アベノハルカスの中の38階から57階までを占有しています。60階のうちの半分近くを大阪マリオット都ホテルが占めているわけですね。エドパパは、神戸からJRで大阪まで行き、大阪からJRで天王寺駅まで行きました。神戸アンパンマンこどもミュージアムに行った後なので、姫も王子もがっつり寝ていました。ということで、チェックインは、姫も王子も寝たままで静かに行うことができました。ロビーは、19Fにあって、地下1F、1Fから16F展望台までとホテルのロビーまでとを接続してくれるエレベータを使います。エレベータを降りると、受付の方がすぐ来てくれて、名前を確認し、荷物を運んで頂けます。歩いている途中で、エドパパがマリオットゴールドであることを確認いただけたのか、チェックインをラウンジでと案内していただけます。いや~すごいですね。今回の夏休みの旅行の中で一番サービスが行き届いています。

 

チェックイン、SPGAMEXカードでアップグレードなるか?!

エドパパは、SPG AMEXカードを保有しているため、マリオットのゴールドエリートステータスを保有しています。ですから、無料でルームアップグレードが適用されるはずです。そして、チェックインを行った結果、53階のクラブスーペリアルームとなりました。予約は一番安いレギュラーフロアスーペリアでしたが、一体何段階のアップグレードとなっているのか、よく分かりませんw。

今回、チェックインは、午後4時ぐらいで、他のお客さんもほとんどいらっしゃいません。子供2人を寝かせたまま、ラウンジで少しゆっくりとすることとしました。子供が寝ていると毛布を持ってきてもらえるなど色々と細かい点にまでサービスが行き届いています。さらに、アフタヌーンティーということで、アフタヌーンティーセットを持ってきてくださいました。ちなみに、従業員の方は6,7人いて、宿泊客よりも多くいるため、ちょっと申し訳ない気持ちになってしまいました。

これらの特典は、全部SPG AMEXカードのおかげです。SPG AMEXカードについては、こちら↓をご参照ください。

こんにちは、エドパパです。皆さんは、どんなクレジットカードを使っていますか?私は、還元率がいいものが最高!と思って探していろいろとさまよっていましたが、2017年にしてついに、最強のカードを見つけました。それはSPG AMEX(スターウッド プリ...

 

クラブスーペリアルーム

クラブラウンジで少しゆっくりとした後、お部屋のほうへ行って見ました。ツインのベッドです。姫がぐっすりです。

ベッド脇の電話と時計。時計は、スピーカーにもなっているようです。引き出しを開けると金庫があります。そういえば、うちの王子は、行った全てのお部屋で金庫を見つけるとボタンをピッピと押し、ブーと鳴ってはキャッキャッ喜んでいました。閉めてしまうかもしれませんので、怖くて使えませんw。

窓際には、丸テーブルと椅子が1つ。

エドママとカーテン。

無料のお水が2本置いてあります。キューリグのコーヒーセットが置いてあるのですが、ラウンジに行くので必要ないですね。この他にもお菓子セットが置いてあったのですが、姫と王子が欲しがるのですぐに隠しました。

トイレは、入口側にお風呂とは別れてあります。

アメニティは、マリオットお馴染みのTHANNですね。タイ発祥だそうです。

歯ブラシも全て箱に入っています。この辺、過剰包装ではないかと思うのですが考えすぎですかね~。

お風呂は、トイレと別なだけでなく、ちゃんと洗い場、しかも座るための椅子まで用意されています。子供と一緒にお風呂に入るときにも狭くなくとても使い勝手がいいです。

クローゼットとバスローブ。

バスローブのほかに、上下のパジャマもあります。ワンピースのパジャマは、よくありますが、上下セパレートのタイプはなかなかないですね。

お部屋から通天閣方面。

 

無料チケットであべのハルカス展望台見学

お部屋に入って少し休んでから、あべのハルカス60Fの展望台へ行ってみることにしました。我が家の部屋が53Fでそんなに違いがないかも?と思いましたが、全周ぐるっと回れるので、お部屋から見れない角度も見えるので行ってみたいですね。大阪マリオット都ホテルは、チェックインの際に、展望台の無料チケットがもらえます。しかも我が家は、大人2名でしか予約しておらず、料金も2人分しか払っていないのに、無料チケットは4枚もくれました。太っ腹ですね。

展望台へ行くには、一旦19Fのホテルロビーまで行って、そこからエレベータを乗り換えて16Fの展望台の受付まで行きます。海側を撮影した写真です。大阪に住んでいたわけでもないので、どこに何があるか全然わかりません。ガラスには、何があるか絵が書いてあるのですが、そもそもそれほど親しみもない場所でふ~んと言う感じです。

展望台は、60Fで1週ぐるっと回れるのですが、その下、58F,59Fはオープンテラスのようになっていて、バーベキューやコーヒー、カキ氷をいただくことができます。エドパパたちが行ったときも団体さんがバーベキューを始めていました。また、姫と王子がカキ氷を見つけ、大騒ぎです。しょうがないのでこちらで少し休憩していました。写真の真ん中、人が集まっているのですが、これは壁の真ん中のところが滑り台になっていて、社員の方々が、地元の小学生と試験を行っていました。普通に滑ってきたり、板に乗って滑ってみたりしていました。残念ながら来週オープンにむけ、まだ滑れないとのことで、姫は残念そうでした。でも、どうせなら外側に向けて滑っていくのが怖そうで面白そうなんですがね。多分、場所が空いていて何か出来ないかと考えていたところ、滑り台となったのでしょう。

 

クラブラウンジ

展望台から帰ってくると、再びクラブラウンジの確認です。こちらのクラブラウンジは、天井高10mらしく、非常に広くて開放感があります。これまで行ったどこのラウンジよりも広いですね。

大阪マリオット都ホテルのクラブラウンジのタイムテーブルは以下のようになっています。

  • 6:00-7:00<朝食>コンチネンタルブレックファースト(温かいものがありません)
  • 7:00-10:30<朝食>和洋ビュッフェ    
  • 14:30-17:00<アフタヌーンティー>アフタヌーンティセット
  • 17:30-19:30<カクテルタイム>和洋ビュッフェ
  • 19:30-21:30<バータイム>

朝食

順番がごっちゃになってしまうので、朝食から見て行きましょう。

豊富なパンです。やっぱり、クロワッサンが美味しいですね。奥にいるシェフに頼むと、オムレツを作っていただけます。写真手前に少し写っていますが、具は、コーン、チーズ、ベーコン、野沢菜などなど豊富にあります。

チーズやソーセージ、スクランブルエッグにデザート、ハム、ゆで卵もあります。この他にもご飯やお味噌汁、ジュースがいっぱいありました。

アフタヌーンティー

ケーキが2種類にお菓子類ですね。

ゼリーが3種類。どれも美味しかったですが、エドパパは、左側のチョコのムースが美味しかったです。

デザートとしてのバナナ等。

ジュース類とフルーツポンチ。

カクテルタイム

パンに、ヨークシャープディングだそうです。

シイタケとソラマメの炒め物でしょうか。

トマトにサラダですね。

ハム3種類ですが、奥に写っている細い棒は飾りかと思っていたのですが、姫が依然これを食べたことを覚えていて、これが欲しいとせがんできました。

チーズとクラッカー。ホテルのチーズは美味しくて好きです。

前菜各種に、キッシュです。マリオット系はキッシュが良く置いてありますが、どこも美味しいですね。

お酒です。プレミアムモルツ、エビス、一番絞り、ハイネケン、赤ワインは、ミシェルリンチ、スパークリングワインもありました。その他諸々ですw。

タルト類もいくつも置いてありました。いずれも美味しかったですね。

 

まとめ

夏休みプラチナチャレンジの4日目として大阪マリオット都ホテルに宿泊しました。アクセスは、JR天王寺駅から徒歩1分と非常に便利です。こちらのホテルは、なんと言っても豪華。でしょうか。クラブラウンジはとっても広く、サービスを行う従業員の方も沢山いらっしゃって細かなサービスも行っていただけます。お部屋もとても広く、お風呂が洗い場があるなど、子連れにはおススメできます。もちろん、お部屋からの眺めは最高です。しかもお値段もそれほど高すぎるわけではございません。もし、利用することができるなら、コートヤードバイマリオット新大阪よりもこちらの方がおススメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です