子連れの錬金術師

子育てパパの旅行記、旅行情報、クレジットカード、SPG AMEX、マイル考察、幼児教育ブログ

沖縄旅行 穴場お出かけスポット

time 2017/12/29

沖縄旅行 穴場お出かけスポット

我が家は沖縄、いえ、ルネッサンスリゾートオキナワが大好きです。宿泊記はこちら↓。

ルネッサンスリゾートオキナワ 子連れ旅行記@2月 初日 SPG AMEXでアップグレ...
我が家はルネッサンスリゾートオキナワが大好きです。今回で3年連続行っています(格安パックツアーです)。大体いつもこういったツアーを探してきています。 そして、今回の旅行を計画していた頃はまだ、SPG AMEXカードを保有していませんでした。し...
ルネッサンスリゾートオキナワ ルネッサンスフロアへ無料アップグレード 2017年12月
我が家はルネッサンスリゾートオキナワが大好きです。3年連続通っています。今年に関しては3回目となります。今回は、プラチナチャレンジを見事達成したことにより、初めてプラチナでのチェックインとなりました。プラチナチャレンジについては、こちら↓。 今...

 

我が家は、ホテルにおこもりして、外出はほとんどしません。特に、美ら海水族館などは、ホテルでイルカも見ることができるため、ほとんど行く気がしません。そんな我が家が、沖縄旅行の際にお出かけする数少ないスポットをご紹介したいと思います。

 

sponsored link

沖縄こどもの国(動物園)は空いていて快適

ここは、ずばり動物園です。沖縄まで行って動物園?と思うかもしれませんが、関東(東京)にいると、休日、平日共に激混みです。でも、ここの動物園ですと、全然人がいません。エドパパも真夏に行ったことがありませんが、夏以外であればとっても快適に過ごすことが出来ると思います。

 

アクセス

住所は、沖縄県沖縄市胡屋5丁目7番1号となります。沖縄市ではありますが、かなり北側に位置しています。

我が家の大好きなルネッサンスリゾートオキナワからは18kmぐらい離れているため30分ぐらいですので、それほど遠くありません。

料金

大人500円、4歳~小学生100円と激安です。JALなどですと、ハピリカのクーポンで少し安くなります。

 

象に乗れる触れる

お勧めポイントの1番目としては、こちらでは、無料で象に触れます。エサ代(300円?)を払うとエサも挙げられます。さらに、2000円払うと、大人1人子ども2人まで乗ることが出来ます。

  

王子(2歳)も乗せたかったのですが、頑なに断りましたw。

実は、後から聞いたのですが、この象は、東北にある動物園の象だそうです。冬場は寒いので、運動量が減ってしまい不健康なので、沖縄へ越冬しに来ているそうです。3年前にこちらへ来た時にもいたので、毎年来ているのでしょう。

沖縄こどもの国にいる象たちは、乗ったりすることが出来ないそうです。

でも、その代わりに、園内を散歩している姿を見ることができます。

 

触れ合い広場も充実

お勧めポイントの2番目としては、ふれあい広場もあることです。上野動物園なども触れ合い広場がありますが、とにかく混んでいます。でも、ここでならずっと触れ合っていることができます。

ウサギと触れ合う姫。

ヒヨコを捕まえる姫。沢山いますが、1匹だけ箱に入れてくれました。

カメを捕まえる姫。

この他にもモルモットや羊等々がいました。100円でエサをあげることもできます。

 

混雑していない、もちろん動物も一杯

エドパパもそれほど何回も行ったわけではありませんが、基本的に空いています。人をかき分けて動物をみるということもなく、ゆっくりと動物たちを見られます。

見にくいですが、カバの口に水をあげています。

カンガルーです。

キリンです。

ライオンです。

木に隠れた看板。

 

おんなの駅で絶品かき氷

ルネッサンスリゾートオキナワから車で3分のところにあるのが、おんな(恩納)の駅(道の駅)です。ホテルでの食べ放題に飽きたときは、こちらで沖縄そばやソーキ定食を頂くのもグッドです。

中には、なかゆくい市場という野菜を売っているお店もあります。

琉冰の絶品かき氷

こちらは、TV番組の「マツコの知らない世界」ご紹介されたお店です。原田麻子さんが10店舗ほどお勧めした、「技アリかき氷」の1つとなります。ちなみに、沖縄は4店舗ほどご紹介されていました。

琉冰(りゅーぴん)の外観

今回は、イチゴスペシャル?を頼みました。

12月の寒い中、ダウンを着てかき氷を食べています。

 

まとめ

沖縄の穴場お出かけスポットとして、沖縄こどもの国、おんなの駅をご紹介しました。

沖縄の観光地は、大人は楽しめるかもしれませんが、子供はそれほど楽しむことができません。

でも、こどもの国の動物園は、大きい動物から、小さい動物、触れあうことができる動物まで一杯いて、楽しむことが可能です。

また、混んでるところが嫌、いつも行く場所に飽きた、という方は、ぜひ一度ご訪問して見れてください。

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

エドパパ

エドパパ

独身時代から旅行が好きで、2児のパパとなった現在は国内旅行を楽しんでいます。

ブログ村リンク



sponsored link