MENU

沖縄旅行 子連れ穴場お出かけスポット (こどもの国、おんなの駅、シーサイドドライブイン、ブセナ海中展望塔)

我が家は沖縄、いえ、ルネッサンスリゾートオキナワが大好きです。宿泊記はこちら↓。

ルネッサンスリゾート沖縄 子連れ旅行記@2月 初日 SPGAMEXでデラックスツインにアップグレード ルネッサンスリゾート沖縄 12月はクリスマスイベントが豊富&サンタに会いに行こう! ルネッサンスリゾート沖縄でサンタと過ごすクリスマス&特別アクティビティも一杯 2018年12月

我が家は、ホテルにおこもりして、外出はほとんどしません。特に、美ら海水族館などは、ホテルでイルカも見ることができるため、ほとんど行く気がしません。そんな我が家が、沖縄旅行の際にお出かけする数少ないスポットをご紹介したいと思います。

沖縄こどもの国(動物園)は空いていて快適

ここは、ずばり動物園です。沖縄まで行って動物園?と思うかもしれませんが、関東(東京)にいると、休日、平日共に激混みです。でも、ここの動物園ですと、全然人がいません。エドパパも真夏に行ったことがありませんが、夏以外であればとっても快適に過ごすことが出来ると思います。

アクセス

住所は、沖縄県沖縄市胡屋5丁目7番1号となります。沖縄市ではありますが、かなり北側に位置しています。

我が家の大好きなルネッサンスリゾートオキナワからは18kmぐらい離れているため30分ぐらいですので、それほど遠くありません。

料金

大人500円、4歳~小学生100円と激安です。JALなどですと、ハピリカのクーポンで少し安くなります。

象に乗れる触れる

お勧めポイントの1番目としては、こちらでは、無料で象に触れます。エサ代(300円?)を払うとエサも挙げられます。さらに、2000円払うと、大人1人子ども2人まで乗ることが出来ます。

  

王子(2歳)も乗せたかったのですが、頑なに断りましたw。

実は、後から聞いたのですが、この象は、東北にある動物園の象だそうです。冬場は寒いので、運動量が減ってしまい不健康なので、沖縄へ越冬しに来ているそうです。3年前にこちらへ来た時にもいたので、毎年来ているのでしょう。

沖縄こどもの国にいる象たちは、乗ったりすることが出来ないそうです。

でも、その代わりに、園内を散歩している姿を見ることができます。

触れ合い広場も充実

お勧めポイントの2番目としては、ふれあい広場もあることです。上野動物園なども触れ合い広場がありますが、とにかく混んでいます。でも、ここでならずっと触れ合っていることができます。

ウサギと触れ合う姫。

ヒヨコを捕まえる姫。沢山いますが、1匹だけ箱に入れてくれました。

カメを捕まえる姫。

この他にもモルモットや羊等々がいました。100円でエサをあげることもできます。

混雑していない、もちろん動物も一杯

エドパパもそれほど何回も行ったわけではありませんが、基本的に空いています。人をかき分けて動物をみるということもなく、ゆっくりと動物たちを見られます。

見にくいですが、カバの口に水をあげています。

カンガルーです。

キリンです。

ライオンです。

おんなの駅で絶品かき氷

ルネッサンスリゾートオキナワから車で3分のところにあるのが、おんな(恩納)の駅(道の駅)です。ホテルでの食べ放題に飽きたときは、こちらで沖縄そばやソーキ定食を頂くのもグッドです。

中には、なかゆくい市場という野菜を売っているお店もあります。

琉冰の絶品かき氷

こちらは、TV番組の「マツコの知らない世界」ご紹介されたお店です。原田麻子さんが10店舗ほどお勧めした、「技アリかき氷」の1つとなります。ちなみに、沖縄は4店舗ほどご紹介されていました。

琉冰(りゅーぴん)の外観

今回は、イチゴスペシャル?を頼みました。

12月の寒い中、ダウンを着てかき氷を食べています。

アイスマウンテン、1,200円ぐらい。マンゴー、パイナップル、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツが乗ってます。

シーサイドドライブイン

こちらも恩納村にあり、おんなの駅のすぐそばです。シーサイドドライブイン(SEA SIDE DRIVEIN)です。24時間営業ですのでいつ行ってもやってます。エドパパたちもテイクアウトしか行ったことはありませんが、ポタージュ系のスープが美味しいです。

スッパイマン工場見学

エドパパもここへ行くまであまり意識して買ったことありませんでしたが、何度か食べた記憶があるぐらいでした。工場見学をして、最後に少しお土産を貰うことも出来ます。場所は、那覇空港の更に南側となります。空港についてからすぐに向かってみましょう。個人であれば、予約不要です。

スッパイマンと一緒に写真を撮ろう!

インスタ映えもしますw。

しっかりと工場見学も出来ます。ただし、土曜日は工場がお休みなのでお気をつけをw。

スッパイマンのお菓子の歴史。

お土産物屋さんも併設されています。こちらで、せんべいを何種類か買いましたが、沖縄と暑さと酸っぱさは絶妙に合います。

美ら海水族館

エドパパたちは毎年、イルカのいるルネッサンスリゾートオキナワに行くため、あえて美ら海水族館は避けていました。しかし、2019年は、ルネッサンスリゾートオキナワではなく、シェラトンサンマリーナリゾートに行ったため、5年ぶりぐらいに行ってみました。(5年前は、カヌチャベイリゾートへ行っていた)

イカが美味しそうです。。。いや、可愛いです。

定番。人が一杯いることも分かると思います。

クラゲも可愛いですね。

ジンベエザメの水槽を清掃していました。

イルカショー。

5年ぶりに行った感想は、暑いです。夏休みの平日に行ったのですが、館内は人が多いせいか実際に暑く、さらに、イルカショー等は外にあるのですが、暑いなんてものじゃなかったです。さらに、こちらも人が一杯で座るところを探すのに一苦労しました。夏休みは避けるのが良いかと思います。。。

ブセナ海中展望塔

こちらは、ブセナリゾートにある海中展望塔となります。橋を渡っていき、海中の魚を小さな小窓から見ることが出来ます。そんなに期待せずに行ったのですが、実際、姫も王子も美ら海水族館よりも食いついていました。実際、魚は40分ぐらい見ていた気がします。

橋の先にあるのが海中展望塔。

炎天下のこの橋の長さはつらかったです。

入口です。この手前に、魚のエサが売っていて、橋の上からエサをあげることが出来ます。

小さい小窓から覗き込むのが楽しいらしく、全ての小窓から覗くまで帰れませんでしたw。

ブセナの中を廻っているバス。海中展望塔の前まで無料で運んでくれます。

まとめ

沖縄の穴場お出かけスポットとして、沖縄こどもの国、おんなの駅をご紹介しました。沖縄の観光地は、大人は楽しめるかもしれませんが、子供はそれほど楽しむことができません。でも、こどもの国の動物園は、大きい動物から、小さい動物、触れあうことができる動物まで一杯いて、楽しむことが可能です。

また、混んでるところが嫌、いつも行く場所に飽きた、という方は、ぜひ一度ご訪問して見れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook
Twitter
Feedly
SHARE