MENU

マイナポイントで最大25%【5000円分】のポイント取得方法&抽選で100万円も一番お得な事業者はどこだ?

2020年7月1日からいよいよ、『マイナポイント』の申し込みがスタートします。マイナポイントは、登録するだけで、あとは普通にクレジットカード等で20,000円分決済するだけで、最大25%5000円】分のポイントが還元されるというお得な制度ですので、皆さんも登録してポイントをゲットしちゃいましょう。しかも、登録する決済方法によっては5,000円以上、100万円分のポイントゲットの可能性もあります。

マイナポイント還元
  1. 最大25%(5000円)分還元
  2. 2020年9月1日から2021年3月31日までの利用
  3. 決済サービスのキャンペーンを見極めよう

マイナポイント制度の内容

まず、マイナポイントとは、マイナンバーカードの取得・利用促進を促すために、政府が始めた制度となります。そして、今回は、そのマイナポイントが最大で利用額の25%5000円分が付与されるというキャンペーンを開始するということになります。

マイナポイントHPから引用

大まかな制度概要は以下のようになっています。利用者は、①&②マイナンバーカードの取得、③マイナポイントの予約、④キャッシュレス決済の登録、⑤決済サービス利用、⑥マイナポイントの付与という順番でポイント還元を受けることが出来ます。

マイナポイントHPから引用

ポイントは利用サービスに対して5000円分付与

今回のキャンペーンで最大のポイントとなる、『⑥マイナポイントの付与』ですが、これは、別にマイナンバーカードだけで使えるポイントを付与するわけではありません。このマイナポイントは、『⑤キャッシュレス決済の登録』で登録したサービス(クレジットカードやQRコード決済)で利用できるポイントが5000円分付与されることになります。今回の還元率は最大25%ですので、利用額上限は20,000円ということになります。

マイナポイントHPから引用

そして、今回のキャンペーンの特徴として、利用者は、最初に登録だけしておけば、あとは特に意識することなく、普段通りキャッシュレス決済(クレジットカードやQRコード決済)を行えば、後日、勝手にポイントが付与されるという点にあります。店員に、『マイナポイント付与で』とか言う必要がないんですね。

決済期間は長めの2020年9月1日から2021年3月31日まで

マイナポイントの付与対象となる決済期間は、2020年9月1日から2021年3月31日までとなっています。この期間に決済された金額の最大25%(上限20,000円)、5000円分がマイナポイントとして付与されます。そして、今回の施策の予算としては、2000億円計上されているようですので、4000万人分が用意されているというになります。予算が無くなれば、当然終了してしまいますが、マイナンバーカードの普及率16%と言われていますので、十分余裕があると思いますね。

子供の分も登録を忘れずに

今回のマイナポイント還元は、大人だけでなく、子供も登録することが出来ます。本来は、本人名義のキャッシュレス決済を行う必要がありますが、子供の利用については、法定代理人()の名義のサービスを登録することが出来ます。また、その際には、親名義の登録サービスとは別の、異なる決済サービスを指定する必要があります。4人家族なら、全員で20,000円分も還元されることになりますので、かなりお得感が高いですよね。

マイナポイントHPから引用

まずはマイナンバーカードの申請から

今回のマイナポイント25%還元キャンペーンを受けるには、何はなくともマイナンバーカードを申込する必要があります。その後の大まかな流れとしては以下のようになります。

手順1
マイナンバーカードの申請・登録
郵送された通知カードの下についている個人番号カード交付申請書を利用!
手順2
マイナポイントの予約
スマホ・PCで マイナポイントHPから手続きしよう!
手順3
キャッシュレス決済サービスの登録
お得な決済サービスを選択しよう:2020年7月1日から開始
手順4
決済サービスの利用
店舗でクレジット、QRコード、お財布ケータイ等を利用 :2020年9月1日から開始
手順5
マイナポイント還元
最大25%、5000円分還元!

マイナンバーカードの申請・登録

マイナンバーカードの申請は、ネットでも区役所等の対面でもできますが、その際に、郵送された通知カードの下についている個人番号カード交付申請書があると手続きがスムーズです。これがないと、申請書をダウンロードするなり、区役所へ行ってもらってくるなりする必要があります。交付申請書があれば、スマホ、パソコン等でQRコードを読み取って申請手続きを進められます。

マイナポイントHPから引用

マイナポイントの予約

マイナンバーカードを取得したら、『マイナポイントの予約』を行います。これは、マイナンバーカードと決済サービスとを紐づける作業となります。ポイント還元を受けるためには必須の作業となりますので、お忘れなく。マイナポイントの予約に必要なのは、マイナンバーカードと、マイナンバーカードの暗証番号、決済サービスIDとなります。

マイナポイントHPから引用

手続きは、NFC機能を有したスマホか、ICカードリーダライタ―を有するパソコン、コンビニなどでの端末でも手続き出来ますが、マイナンバーカードを置き忘れたりするので、できれば、お家でスマホを利用して手続きは済ませてしまいましょう。具体的な手順は、マイナポイントHPに載っています。

マイナポイントHPから引用

マイナポイントの予約はすでに出来るのですが、『決済サービスの登録』はまだ控えた方がよいかもしれません。

決済サービスごとにキャンペーン有

マイナポイントの還元のところでも記載しましたが、マイナポイントの還元は、利用する決済サービスのポイントが還元されます。そして、決済サービスは、それぞれが自身のサービスにマイナポイント登録を行って貰う為、各社が独自のキャンペーンを開始しています。取り急ぎ、現時点では以下のようなキャンペーンがスタートしています。7月の現状においては、必ず貰えるポイント数としては、d払い2500ポイントで1位となっています。さらに、抽選で貰えるポイント数としては、Paypay100万円分で1位となっています。

キャンペーン
  • d払い:2500ポイントプレゼント(還元額1位
  • LINE Pay:マイランクに応じて特典クーポン6~15枚プレゼント
  • auペイ:最大1000円(25%)プレゼント
  • ゆうちょPay:最大2,000円分プレゼント
  • メルペイ:最大1,000円分(5%)プレゼント
  • FamiPay:先着10万名に500円分プレゼント
  • jコインペイ(みずほ銀行):500円分プレゼント
  • ペイペイ:抽選で100名に100万円分プレゼント(当たれば最強
  • WAON:最大2,000円分(10%)waonプレゼント
  • suica:1000円分プレゼント
  • nanaco:500円分プレゼント
  • 三井住友カード:抽選で100名に10,000円分プレゼント

各社続々とキャンペーンを発表していますが、始まったばかりでまだ出揃ってはいません。実際に、マイナポイントが付与されるのは、2020年9月1日以降の決済ですので、それまでには、各社のキャンペーンが出揃うと思います。したがって、9月1日までは、どのキャンペーンが一番お得なのか、じっくり待って、よく検証してみるのもいいと思います。

注意
還元対象の決済は9月1日以降

まとめ

マイナンバーを利用した新しい還元施策である『マイナポイント』キャンペーンをご紹介しました。キャンペーンに登録し、登録した決済サービスで20,000円分決済するだけで25%5000円)分が還元されるというとってもお手軽な制度になっています。更に、決済サービス側でも独自のキャンペーンを開始していますので、どこがお得なのか、様子を見ながら皆さんもぜひ登録しておきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook
Twitter
Feedly
SHARE