マリオット ポイント無料宿泊 ピーク/オフピーク料金はお得なのか検証

ついに、この時が来てしまいました。マリオットでもピーク・オフピーク料金が始まります。


参考
9月14日スタートマリオット

2019年から採用すると言われていて、2019年も半分を過ぎてもまだ何も情報が出ていなかったのですが、9月14日から開始することが決まりました。ピーク・オフピーク料金の詳細について分かっていることをお伝えします。

無料宿泊必要ポイント数

マリオットは、ポイントを利用して無料宿泊することが出来ます。マリオットの無料宿泊(スタンダードルーム:一番安いお部屋)に必要なポイント数は、以下となります。現在は、スタンダードのみで運用中です。

カテゴリ オフピーク スタンダード ピーク
1 5,000  7,500  10,000
2 10,000  12,500  15,000
3 15,000  17,500  20,000
4 20,000  25,000  30,000
5 30,000  35,000  40,000
6 40,000  50,000  60,000
7 50,000  60,000  70,000
8 70,000  85,000  100,000

マリオットの無料宿泊(フリーナイトアワード)の特徴は主に3点。

特徴
  1. 特典除外日(ブラックアウトデイ)なし
  2. 4連泊で1泊無料(5連泊化)
  3. 2日前までキャンセル無料

特典除外日なしではありますが、無料宿泊対象のお部屋数に限りがある。さらに、ホテルによっては、特定の日の予約を制限しているところもあります。(JWマカオは、GWから毎日チェックしていますが現金予約さえ1度も出来ません)

ピーク・オフピークポイント概要

ピーク・オフピークポイントの採用は、9/14予約から適用開始となります。特にアナウンスはありませんので、9/14は0時(東部標準時)でしょう。日本だと9/14の14時からスタートとなります。

それまでに予約した分は、例え9/14以降の日付であってもスタンダードでのポイントが適用されます。

ちなみに、具体的に、『いつ』がピークで、『いつ』がオフピークスタンダードかは現時点では不明です。ホテルごとに設定されるとすれば、日本のホテルのピークは、年末年始、GW、春・夏休み等が該当するでしょう。そのため、年末年始等に旅行をお考えの方は、今のうちに予約すると吉。それ以外の日程の予約は、まだ行わずに様子見が吉。(但し、思わぬ日程がピーク設定されるかもしれませんので、ご予約は計画的に)

キャッシュ+ポイント

ポイントだけで宿泊する無料宿泊の他、現金ポイントを併用した、『キャッシュ+ポイント』もあります。こちらも、9/14からピーク・オフピークが開始。

  オフピーク スタンダード ピーク
1 55ドル + 1,500pt 55ドル + 3,500pt 55ドル + 4,500pt
2 65ドル + 4,000pt 65ドル + 6,000pt 65ドル + 7,000pt
3 80ドル + 6,000pt 80ドル + 8,500pt 80ドル + 9,500pt
4 105ドル + 8,000pt 105ドル + 12,000pt 105ドル + 15,000pt
5 140ドル + 13,500pt 140ドル + 17,000pt 140ドル + 21,000pt
6 190ドル + 19,000pt 190ドル + 25,000pt 190ドル + 30,000pt
7 250ドル + 25,000pt 250ドル + 30,000pt 250ドル + 40,000pt
8 440ドル + 27,500pt 440ドル + 42,500pt 440ドル + 57,500pt

こちらのチャートがお得かどうかは、そもそもの現金部分が高いか、安いかにかかってきます。そこで、少し検討したいと思います。

例えば、カテゴリ7のスタンダードは250ドル+30,000ポイント。無料宿泊では60,000ポイント必要ですので、250ドルを30,000ポイントで買った形になります。この場合のポイント単価は、0.88円/ポイント(1ドル=105円)となります。

対して、カテゴリ7のオフピークは250ドル+25,000ポイント。無料宿泊では50,000ポイント必要ですので、250ドルを25,000ポイントで買った形。この場合のポイント単価は、1.05円/ポイントとなり、スタンダードの時よりもポイント単価が悪化しています。

さて、それではこのポイント単価が高いのか、安いのかは、前回のバイポイントセール時の価格が1つの基準になるかと思います。

マリオット統合後初バイポイントセール 25%オフ 2019年5月16日まで

前回のセールでは、ポイント単価が1.05円/ポイントでした。つまり、カテゴリ7のスタンダードは、1.05円/ポイントよりお安いポイント単価となっているので、お得と言えると思います。逆に、カテゴリ7のオフピークは、バイポイントと同額であり、お得とも何とも言えない状況。そこで、全てのカテゴリのポイント単価を表にして比べてみました。

ピーク・オフピークポイント単価表

  オフピーク スタンダード ピーク
1 1.65 1.44 1.05
2 1.14 1.05 0.85
3 0.93 0.93 0.80
4 0.92 0.85 0.74
5 0.89 0.82 0.77
6 0.95 0.80 0.67
7 1.05 0.88 0.88
8 1.09 1.09 1.09

表にしてみた結果としては、総じてピーク時期お得になりがちということですね。日本では、カテゴリ4以上のホテルしか無く、どの時期でもキャッシュ&ポイントだとお得に宿泊できます。ただし、カテゴリ8だけは総じてポイント単価が悪くなります。

また、北海道のホテルなどは、はお安く(約1万円)、はお高く(約4万円)なったりますので、実際に利用する際には、現金だけの価格も参考にしつつ予約しましょう。

夏。価格が安いため、ポイントのみ(0.4円/ポイント)、キャッシュ+ポイント(0.82円)よりも現金だけの方がお得な気もします。

冬。現金が高いため、ポイントのみ(1円/ポイント)よりもキャッシュ+ポイント(0.82円)の方がお得かな。

まとめ

マリオットのポイントを利用した無料宿泊ピーク・オフピーク制度の適用が決まりました。適用開始は9/14の予約から。年末年始、GW等に旅行を計画中の方は、今から予約しておくといいかと思います。

キャッシュ+ポイントもピーク・オフピーク料金を開始します。総じてカテゴリ4以上のホテルのピーク料金は、お得にポイントを活用できると思いますので、こちらのご利用も考えてみては如何でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です