マリオット コロナ対応で中国以外も2022年2月までのステータス延長が決定

コロナウィルによってあらゆる経済活動が停滞していますが、マリオットも例外ではありません。先日は、SPGアメックスカードの無料宿泊特典ポイント有効期限の延長、予約のキャンセルが6月30日まで無料になることをお伝えしました。

コロナウィルス対応で全地域のマリオット予約がキャンセル無料に 2020年9月30日まで マリオット コロナ対応でSPGアメックスカードの無料宿泊特典期限延長、ポイント期限延長

そして、ステータスの延長については、中国(香港、マカオ、台湾含む)に対して2022年2月までの延長が決まっていましたが、その他の地域の方に対しては未定となっていました。しかし、2022年4月9日にすべてのメンバーに対して、2019年のステータスを2022年2月まで延長することが決定しました。なお、以下の情報は公式サイト(英語)のお知らせに載っています。

参考 BONBOYメンバーとCOVID-19マリオット公式サイト
ステータス延長
  • 2019年のステータスが1年延長
  • ポイントの有効期限も2021年2月1日まで延長

マリオットステータスの1年延長が決定

マリオットのステータスは通常、2月まで有効で、2月の途中から前年(1月~12月)までの宿泊実績に応じてシルバー、ゴールド、プラチナ、チタン、アンバサダーの各ステータスに切り替ります。そして、次の年の2月まで当該ステータスが有効となります。

4月9日までは、中国本土、香港、マカオ・台湾のマリオットのメンバーに対して、2019年の獲得したステータスが、2022年2月まで延長されることが決まっていました。

そして、ついに、その他の地域のメンバー(日本含む全世界)に対しても、ステータスの延長が決定されました。

内容としては、2019年に獲得したステータスが、2022年2月まで延長されます(通常は2021年2月で終了)。これは、2019年に頑張って宿泊実績を重ねて得たステータスも、コロナの影響で2020年に生かすことができないため、通常であれば2021年2月までのステータスを2020年2月まで延長するというものです。

つまり、2019年中にプラチナチャレンジを実施された方は超ラッキー!ということです。

2020年最新マリオットプラチナチャレンジのメリット、条件を確認 【現在中止中】 

Question:

Are you extending Elite Status for members outside of mainland China, Hong Kong SAR, Macau SAR, and Taiwan?

Answer:

Yes, the Elite Status extensions are applicable to qualifying Members globally who earned Elite Status in 2019.

Google翻訳による訳文:

質問:

中国本土、香港特別行政区、マカオ特別行政区、および台湾以外のメンバーのエリートステータスを延長しますか?

回答:

はい、エリートステータスの延長は、2019年にエリートステータスを獲得した世界中の対象メンバーに適用されます。

2019年にエリートステータスを獲得したメンバーは、エリートステータスが2022年2月に延長されます。

 

エリートレベルの緩和は実施しない

合わせて、エリートレベルの緩和についてもコメントが載っています。今年の旅行が減ることに対しての救済措置として、延長されているので、エリートレベルの緩和を行わないということのようです。ただし、これからさらに変更の可能性があることについても言及されています。

質問:

Why are you not relaxing your Elite tier requirements this year?

回答:

We recognize that our members travel will be reduced for a good part of this year. Therefore, we wanted to give them some peace of mind by extending Elite status for an additional year through February of 2022. We continue to monitor the effect of COVID-19 on our members and will consider additional changes to the program as necessary. At this time, we are not relaxing Elite tier requirements.

質問:Google翻訳による訳文:

今年、エリートレベルの要件を緩和しないのはなぜですか?

回答:メンバーの旅行が今年のかなりの部分で減ることを認識しています。したがって、2022年2月までエリートステータスをさらに1年間延長することで、彼らに安心を与えたかったのです。COVID-19のメンバーへの影響を引き続き監視し、必要に応じてプログラムの追加変更を検討します。現時点では、エリートレベルの要件を緩和していません。

ポイント有効期限延長

先日は、ポイントの有効期限を2020年8月31日まで延長することが発表されていました。今回の情報更新に合わせて、2021年2月1日まで延長されることになりました。

Points Expiration: Members who have been inactive for at least 24 months and have Points expiring prior to February 1, 2021 will have their Points expiration date automatically extended to February 1, 2021.

Google翻訳による訳文:

ポイントの有効期限:少なくとも24か月間非アクティブであり、2021年2月1日より前にポイントの有効期限が切れるメンバーは、ポイントの有効期限が2021年2月1日まで自動的に延長されます

マリオットのポイントは、最終的に変動があった時から24か月有効ですので、宿泊、食事等での利用、ポイントをマイルへ変換、ポイント無料宿泊に利用等していれば実質無期限で利用することが出来ます。しかし、今回の非常事態により何も利用できなくなった方には朗報でしょうか。

ヒルトン・IHGの対応

ヒルトン・IHGもすでに2020年の対応を発表しています。ヒルトンも2019年に得たステータスの延長が決定しています。2019年に得たステータスは2021年3月まで、2020年に得たステータスは2022年3月まで延長。

IHGはステータスの延長はありません。ただし、2020年で達成できるステータスの基準を25%引き下げています。

また、ユナイテッド航空は、ステータス獲得の実績を半分に引き下げています。

まとめ

マリオットは『宿泊キャンセル料無料』、『カード更新特典無料宿泊12か月延長』、『ポイント有効期限の延長』に加え、『ステータス1年延長』という措置を取りました。

2019年に獲得したステータスが2022年2月まで延長されます。2020年の旅行はコロナの影響でほとんど全滅状態になる可能性もありますが、今回の救済措置により、2021年にステータスのメリットを受けることが可能になります。エドパパは、2019年それほど沢山宿泊しなかったので、残念無念ですね。

マリオットのコロナ関連のページはこちら。

参考 コロナ関連記事マリオット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です