Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レゴランドに新エリア『レゴニンジャゴーワールド』オープン ちょっと大きな子供向け 2019年8月

レゴランドに新しいエリア、『レゴニンジャゴー・ワールド』が2019年7月1日にオープンしました。まだ開園して2年しか経っていませんがもう新しいエリアが誕生したんですね。夏休みに少し体験してきたのでご紹介します。

レゴニンジャゴーワールドの概要

レゴニンジャゴー・ワールドは、レゴランドジャパンの8つ目のエリアとなります。

「レゴニンジャゴー・ワールド」は、『レゴランド・ジャパン』で8つ目のエリアとなる各国のレゴランドで人気のエリア※。レゴニンジャゴーをテーマに、子どもたちがエリアに踏み入れた瞬間からレゴニンジャゴーの世界に入り込み、アトラクションやアクティビティを通じて、ニンジャのスキルを身につけることができます。

そして、新エリアには、3つの新しいアトラクションと2つの体験型施設がオープンしました。

新エリアには、3つの新しいアトラクションが登場。本エリアの目玉となる「フライング・ニンジャゴー」は子どもも大人も楽しめるスリリングなアトラクション。また、世界の『レゴランド』で初導入となるアトラクション「ロイド・スピン術・スピナー」と「カイ・スカイ・マスター」も登場します。

新エリアにはアトラクションのほかにもレゴニンジャゴーの世界観を体験できるコンテンツをたくさんご用意しております。

プレイゾーンでは、ニンジャに必要なスキルをみがくことができる「ジェイ・ライトニング・ドリル」や「コール・ロッククライミング・ウォール」を設置。また、エリア内にはたくさんの新しいレゴモデルも登場。エリア内最大の、高さ約4mの「サムライ・ロボ」のレゴモデルも登場します。

レゴニンジャゴー・ワールドの場所

『レゴニンジャゴー・ワールド』は、スプラッシュバトルのある『パイレーツ・ショア』とマーリンフライングマシーンのある『ナイトキングダム』との間にあります。

 

エリアのイメージは下図のようになります。他のエリアは全てエリアとエリアが続いていて、ぐるっと1周出来るようになっていますが、『ニンジャゴーワールド』エリアだけは、クローズされたエリアとなっていて、エリアから出るには入ってきた門から出る必要があります。

3つの新しいアトラクション

レゴニンジャゴーワールドには3つの新しいアトラクションがオープンしました。全般的に対象年齢高い気がします。最低でも90㎝以上ないとどのアトラクションも体験出来ません。

フライングニンジャゴーは125㎝以上!

新しいアトラクションのメインではないでしょうか。実際に行った時も巨大なこのアームはレゴランド内でも目立っていました。ただし、こちらは身長制限が125㎝以上となります。

ドラゴン型のライドを操縦し、360度回転しながら22mの高さを時速50kmのスピードで飛び回る、スリル満点のアトラクションです。

確かに大人でも怖そうなアトラクションな気がします。しかし、身長制限125㎝以上はきついですね。レゴランドを訪れる子どもの半分以上は125㎝以下だと思いますので。当然姫(6歳)もダメでした。

カイ・スカイ・マスターは浮遊感バッチリ

こちらは、飛行機型のライドに乗ってグルグル回りながら高さを変え、外側にあるを狙って撃つアトラクションになります。

家族でも楽しめる4人乗りのアトラクション。みんなで協力しながらライドを操縦し、前を飛ぶライドや周りの的を銃で狙ってポイント獲得を目指します。  

写真では欠けてますが、上と右下にが少しだけ写っています。飛行機からこの的を撃ちますが、ガンは前の席にしかついていません。身長制限90㎝。130㎝以下は大人の付き添いが必要。

ロイド・スピン術・スピナーは回転!

これは、世界初のアトラクションのようです。乗る前に侮っていましたが、かなり簡単に回転します。回転と言っても前後の回転です。はい。なかなかそんなライド乗ったことないので、いきなり逆さになった時は超ビックリ。ボタンを押して回転を調整できるんですが、簡単に逆さになりますw。王子(4歳)は泣きそうでしたw。

「レゴニンジャゴー・ワールド」のロイドのスピン術をモチーフにしたアトラクション。グルグル回るライドに乗って、ライドのボタンを押せば自分で前後に自由に回転させることができ、ちょっとしたスリルをお楽しみいただけます。

夏はサウナ状態でかなり暑いですw。暑いうえに回転しますので、皆様お気を付けを。

ジェイ・ライトニング・ドリルは光るボタンをタッチ!

こちらは、レゴランド東京にもあるゲームですね。時間内で光るボタンをいくつ叩くことが出来るかチャレンジします。

次々に点滅するボタンを、制限時間の30秒以内にタップし、ニンジャに必要な反射神経や集中力を鍛えながら、高得点を目指します。

コール・ロッククライミング・ウォールは小さいボルダリング

これ、はっきり言って小さいです。高さ1.5mぐらいしかないんじゃないでしょうか。小学生ぐらいでは物足りないと思います。

断崖絶壁に見立てた壁を自由に登ることができます。ニンジャに必要な体力を鍛えることができます。

ニンジャゴー全員と写真撮影

こちらでは、(たしか)2回/日に、ニンジャゴー全員と写真を撮るイベントがあります。お姉さんたちが列のためのロープを張って、お客さんを呼び込みしてましたが、激暑で5分前でも1人も並んでなかったので1番目に並べましたw。でも実際にニンジャゴーが揃うと、子供たちがワーッと集まってきていましたので早く並ぶのがおススメです。

忍者ポーズでパシャリ。

まとめ

2019年7月1日にレゴランドジャパンに新しくできた、『レゴニンジャゴー・ワールド』エリアを体験してきました。『レゴニンジャゴー・ワールド』エリアは、最低でも身長90㎝以上必要なアトラクションしかなく、対象年齢は少し高めです。

でも、新しいフライングニンジャゴー、カイ・スカイ・マスター、ロイド・スピン術・スピナーの3つのアトラクションは、大人も子供も楽しめるアトラクション間違いなしです。せっかくレゴランドに行ったなら、是非とも1度は体験してもらいたいアトラクションたちです。

また、ニンジャゴー全員と一緒に写真を撮れるイベントもあり、子供たちのテンションも爆上がりです。是非とも皆さん、新しくできたレゴニンジャゴー・ワールド』エリアへ行ってみましょう。

レゴランドジャパンの年間パスポートは、2019/11/14までビックリするぐらい安く購入が可能ですよ。

レゴランド(名古屋)の年間パスポートがとんでもないことになってる 2019年9月 キャペーン・割引

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です