2020年2月レゴランド名古屋の平日,日曜,祝日の混雑状況と新しいアトラクションを体験してきた

一説ではパスポートが高い、面白くないなんて話も聞きますが、そんな噂はどこ吹く風。姫(6歳)も王子(4歳)もレゴランドが大好きです。ということで、2017年、2018年2月、11月、2019年2月、9月に続き、2020年2月にもレゴランドへ行ってきましたのでご報告します。今回は、日曜、月曜、火曜(祝日)に行ってきましたので、各日の混雑状況も確認できました。

混雑状況
2月はガラガラ最大でも30分待ち

アクセス@金城ふ頭駅からは少し遠い

2018年11月には、レゴランドジャパンホテルに宿泊しましたが、今回もエドパパのマリオットチタンエリートのメリットを最大限に生かすべくアクセス抜群の名古屋駅直結マリオットアソシアホテルに宿泊しました。

2020年名古屋マリオットアソシアホテルのスタンダードダブル/デラックスツインに連泊 SPGアメックス アップグレード

レゴランドは、名古屋駅からあおなみ線に乗って24分離れた金城ふ頭駅にあります。平日朝は10分間隔で電車が出ていますが、土日祝は15分間隔なので、ピッタリの電車があるかチェックしてから行きましょう。また、休日は、日に2本ほど、名古屋ー金城ふ頭駅間のノンストップ電車が運行しています。間にある10駅をすっ飛ばして2駅しか止まりません。

しかし、実は、レゴランドは、最寄り駅(金城ふ頭駅)を降りてからが遠いです。途中に、閑古鳥で噂のメイカーズピアも通っていくんですが、たっぷり15分は歩くことを覚悟しましょう。

メイカーズピアの入口近くには、滑り台があるのですが、実はこの滑り台は、10時からしか利用できません。姫達はこの滑り台を覚えていて滑りたいと走っていくのですが、レゴランド・メイカーズピアのオープン前はやっていませんのでご注意ください。

また、メイカーズピアの中心部には噴水があり、1時間ごとに噴水ショーが1曲分実施されます。

少し寂しいですが、シャボン玉が出来ます。奥に少し写っているのは竹馬です。後は昔懐かしいホッピング?(正式名称不明です)もあります。

レゴランドジャパンホテル裏。日曜日の10時半ごろ。人はあまりいません。

営業日時は要チェック

レゴランドは、遊園地には珍しくお休みがあります。例えば、2020年は年間で8日間お休みがあります。下の写真には10-12月は載っていませんが、休暇はありません。灰色がお休み。

年間パススターターでほぼいつでも行ける

以前の年間パススターターは、平日のみ、年間パスが土日祝日、年間パスプレミアムが年末年始や春休み、夏休み、お盆に入園が可能だったんですが、2019年の8月の改定により、年間パススターターでも大体の日程に行けるようになりました。↑の画像の緑がスターターで入場可能な日、黄色がスタンダードで入場可能な日、水色が年間パスプレミアムで入場可能な日となっています。

レゴランド(名古屋)の年間パスポートがとんでもないことになってる 2019年12月 キャペーン・割引

また、営業時間も日によって異なります。HPでチェックしてから行きましょう。

1DAYパスポートは2種類、年間パスポートは3種類

レゴランド名古屋ジャパンに入場するために必要なパスポートは、行く日により値段が変わると共に、事前に予約することによってもお値段が変わります。端的に言うと、空いてる時期に、事前にネットで買うほどお安く、混んでる時期現地で購入するほどパスポート価格が高くなる仕組みになっています。

まず、1DAYパスポートは2種類あります。主に、オフピークは平日(時期による)、ピークは土日祝日にパークに入場することができるチケットとなります。

1DAYパスポート価格表。7日前なら20%オフ

レゴランドの1DAYパスポートは入場の7日前に購入すれば20%オフとなります。その差ピーク時は1,400円(大人)です。レゴランドへ行くなら事前に購入しておくのがオトクですよ。

1DAYパスポートカレンダー

下の画像にあるとおり、主に平日が(オフピーク)、土日祝が(ピーク)となっています。

 

ピーク(土日)にレゴランドジャパンへ行こうとすると、大人2人子供2人で合計23,400円となります。また、当日料金は高いですが、7日前までに購入すれば、大人もこどもも比較的お安いです。

3種類の年間パスポート価格一覧

年間パスポートは、3種類用意されていて、主に平日が中心のスターター、土日祝日や夏休み用のスタンダード、正月やGW、お盆用のプレミアムとなっています。

種類 子供 大人
スターター(オフピーク用) 6,500円 9,900円
スタンダード(土日、夏休み等) 10,700円 16,400円
プレミアム(正月GWお盆) 16,900円 21,900円

年間パスポートスターターでも、2回(2日間)行くと元が取れる値段だからお安いですが、さらに、定期的にセールも行っていますので、セール時期に購入すれば、かなりお得に楽しめます。

レゴランド(名古屋)の年間パスポートがとんでもないことになってる 2019年12月 キャペーン・割引

レゴランドジャパンリゾートのパスポートへ

2月は土日でも空いてる

エドパパたちは2019年も2月にレゴランドへ訪問していますが、2月は寒いせいか全般的に人が少ないです。しかも、土日祝日に関わらず毎日がオフピークに設定されています。ただし、2020年は特別要因もあると思います。2020年は、新型コロナウィルスの影響で中国からの団体客は来ていません。東京ディズニーランドは勿論、レゴランドディスカバリーセンター東京も2020年2月にはガラガラとなっているようです。

季節限定イベントレゴシティヒーローズ開始4/5まで。しかもガラガラ@レゴランドディスカバリーセンター東京/大阪

今回、訪問した際には人の数が少ない順に、月曜<日曜<祝日のようになっていました。ただし、月曜が少ないからと言って、列に並ばないか?と言うと、そういうわけでもありません。日曜、祝日は、沢山お客さんが来ることを見越して、レゴランド側もアトラクションをフル活動しています。しかし、平日(月曜)は、例えばジェットコースターを1基しか稼働させていないなど、結局並ぶ時間は月曜の方が長かったと思います。

ポイント
平日より土日は人が多いが並ぶ時間は土日の方が少ないかも

そして、恐らくこの傾向は他の月にも当てはまると思います。更に、中国からの団体旅行が禁止されている現状で言えば、レゴランドは今が行きドキでしょう!

同じ時間帯の混雑状況を比較

私が訪問した、日曜、月曜、火曜(祝日)の午前10時半ごろのアトラクションの待ち時間を比較していきたいと思います。

まずは、日曜午前10時半ごろの状況。下の写真は、10分以上並ぶアトラクションが3つしかありませんが、それ以外のすべてが5分以内の待ち時間と表示されていました。レゴファクトリーツアーは、レゴランド入って一番最初にあるアトラクションなのと、各回(20分間隔ぐらい?)ごとにまとめて案内されるため、どうしても待ち時間が15分ぐらいとなるようです。

月曜日の同じく10時半ごろ。15分以上は2つだけ。

祝日の10時半ごろ。サブマリンアドベンチャーが少し並んでましたね。

ただし、上記の数字は恐らく人の数で算出されていると考えられ、実際の待ち時間とは異なります。5分となっていても、前述のとおり、平日は稼働させているアトラクションが少ないため、同じ待ち時間が表示されていても休日、祝日の方が体感の待ち時間は少なかったです。

ちなみに、祝日の12時ごろの待ち時間。マーリンフライングマシーンは、1度に乗れる人数が少ないためか待ち時間が長いですね。

祝日の15時ごろ。フライングニンジャゴーはいつも混んでいるようですね。

クリエィティブワークショップをやるならオープンと同時にダッシュ

レゴランドの名物?ここでしか体験出来ないことと言うと、クリエィティブワークショップでしょうか。こちらは、10人ほどで講師から教えてもらい、課題のレゴを1から作っていく教室になります。教室は、未就学児、小学生以上の他、土日祝日限定、ワークショップの経験回数によっても分かれています。

 

土日祝日限定で、さらにワークショップを経験したことがあるならこちらにもチャレンジできます。

そして、こちらのワークショップですが、とにかくすぐ一杯になります。エドパパは、うっかり入口でゆっくり写真を撮っていたりしたら、日曜、月曜は教室を体験出来ませんでした。と言うことで、祝日は、オープン前(9時40分ぐらい)から並びましたが、残念ながら第1陣のロープ内には入れず、第1陣が入ってからの案内グループになりました。そして、子どもはエドママに任せ、エドパパだけがダッシュで申込に行きました。それでやっとどの教室でも選択できましたが、人気のワークショップは既に残り2組とかでした。

オープン前の入口。

今回エドパパたちは土日祝日限定のデュプロフライングマシンを申込しました。

幼児でも簡単に作ることが出来ます。逆に小学生には少し簡単すぎるかも。中には、幼児1名分だけ申込、小学生の兄姉がお手伝いしているような方もいました。

Drブリックは大人気

隠れた人気アトラクションがDrブリックではないでしょうか。こちらは、コーストガードHQの前で『Drブリック』がショーを行ってくれます。通常は、1日3回、11時、13時、15時も実験のようなアトラクションを30分程度行っています。こちらは、開始前から並んでいる子供もいるなど知っている人はとても楽しみにしています。というのも、下の写真のように前に出て実験をお手伝いすることが出来るんですね。

お手伝いすると、下のような風船の飾りを貰え、そのうちの1つの中にはレゴが入っています。

今回、1日だけそのDrブリックがレゴニンジャゴーシアターで行われていました。理由は分かりませんが、2020年2月現在レゴニンジャゴーシアターではアトラクションが実施されておらず、その代わりなんでしょうか。こちらは、HP等での案内はなく、当日行ったら現地に看板が出ていたので飛び入り参加しました。

中身は、通常のDrブリックのショーとは異なっていますので、運よく見つけた方は行ってみては如何でしょうか。

休止中のアトラクションもチラホラ

レゴランドも3年が過ぎ、少しガタが来ているんでしょうか、いくつかの場所で準備中の幕が掛かっていました。まず1つは上述したとおり、レゴニンジャゴーライブシアターですね。こちらは全然上演されていませんでした。

デュプロプレイは半分程度

デュプロプレイはいわゆる滑り台などの遊具が置いてある場所です。

小さなお子さまが学びながら遊べるように作られたデュプロ®ブロック。等身大のサイズになったデュプロの世界に小さなお子さまは夢中になること間違いなし!

こちらは大きい滑り台等が使えなくなっていました。

デュプロエクスプレスは通常運転しています。

スクイッドサーファー

こちらは、確か日曜に行った時にはやっていた気がするんですが、気付いたらアトラクションが止まり、作業員がクレーンで点検しているのが確認できました。

ジェットボートに乗っておもいっきり水しぶきをあげよう!外からは、海底ボムを爆発させて水しぶきをあげられちゃうかも!?

そして、月曜には、下のようなわくわく準備中の垂れ幕が掛けられていました。

日曜には水が入っていたのに、月曜には水も抜かれていました。

冬季は一部アトラクションは12時から

こちらは故障とかではないんですが、冬季限定でアトラクションの運転時間が12時からとなっているようです。

対象アトラクションは、6個で、シティ・エアポート、コーストガードHQ,マーリンチャレンジ、スクイッドサーファー、スプラッシュ・バトル、フライングニンジャゴー。運転時間は12時~16時。4時間しか運転していないってビックリです。

何度行っても楽しいアトラクション

姫(6歳)も王子(4歳)もレゴランドには何度も来ていますが、何度来ても楽しんでくれます。

コーストガードHQ。段々1人でも運転できるようになってきました。

パーク内ではキャラクターと写真も撮ることが出来ます。

   

マーリンチャレンジ。回るだけのコースターですが、子供たちは喜んで乗ってますね。

  

2019年に新しく出来たレゴニンジャゴーエリア。

一番人気のフライングニンジャゴーでしょうか。

ロイドスピン術スピナー360度前後に回転するのは楽しいですよ。

ドラゴンのオブジェも。

ニンジャゴーのゼン君と写真もパチリ。

レゴで出来たゼン君も。

ちなみにこちらのワゴンショップには、ニンジャカステラなんてのもあります。

顔、分かりますかね?私は分かりませんでしたw。

いわゆるバイキングのアンカーアウェイ。エドパパは最近乗り物に乗ると酔うため避けていますが、姫(6歳)も王子(4歳)も大好きですね。

 

スプラッシュバトルは寒い時期にはあまり人気がないですね。それでも子供たちは必死に水を出して遊んでます。

ザ・ワーフという、遊具です。公園にあるような遊ぶところですが、近所にこんな大きな遊具がない姫(5歳)と王子(3歳)は大喜びでここで遊んでます。親としては、アトラクションに乗って欲しいんですがね。。。

同じくザ・ワーフ。の遊具です。

ジュニアドライビングスクール(5歳以下)とドライビングスクール(6歳以上)です。電動カーに乗って運転できます。

ビートルバウンス。椅子が上下します。子供だけしか乗れませんが、姫も王子もとっても楽しんでいました。

サブマリンアドベンチャー。ライド型の潜水艦に乗って、水中を探検します。

組み立て体験もあり

レゴランドの各所にあるショップでは、レゴの組み立て体験会も開催されています。各お店によって作るものが違っているようですので、各場所で体験してみてもよいのでは?ちなみに、こちらのドラゴンなどは、レゴランドディスカバリーセンター東京の1月のクリエィティブワークショップで体験出来ました。1回600円ですが、これを作ることが出来るミニレゴセットは500円で購入できます。

こちらはパンダの組み立て体験。

こんなドラゴンのセットも作れます。

まとめ

2020年も名古屋のレゴランドに行ってきました。相変わらずレゴランドは楽しいですが、新しい発見もまだまだあり、飽きることはなさそうです。

そして、2月は人が居なくてガラガラです。これまでは、2月でも多少混雑していましたが、今年は輪をかけて人が少なかった気がします。これもコロナウィルスの影響でしょうか。

特に、クリエィティブワークショップは、混雑している時期には一杯で体験できないかもしれませんが、空いている2月であれば体験できるチャンスがあるかも?!です。

レゴランドは、いずれのアトラクションも小さい子供が乗るのにピッタリで、安心して楽しむことが出来ます。身長制限もありますが、大体は保護者が一緒であれば小さいお子さんでも乗れます。

夏休みに夏限定のスプラッシュパッドで遊んできました。

レゴランド スプラッシュ・パッドは混雑なので要整理券 水着・タオルは忘れずに 2019年夏休み レゴランド 暑い夏にピッタリのカラフルなアボミナブル・スラッシュで楽しく美味しく涼もう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です