名古屋 レゴランドは空いていて意外に楽しかった 2018年2月

オープンからすでに10か月ほど経過したレゴランドに行ってきました。噂では、入園料が高いとか、混雑がすごい等いろいろな情報がありますが、実際にはどうなのか、確かめてきました。

重要
我が家は毎年行くことになりそう

我が家の姫(4歳)と王子(2歳)は、怖がりで、暗いところやビックリするようなものは、乗ることが出来ません。ちなみに、ディズニーランドの乗り物もほとんど怖くてダメです。

アクセス、最寄り駅から遠い

エドパパは、名古屋駅のマリオットアソシアホテルに宿泊していたため、名古屋駅からあおなみ線に乗って移動しました。降車駅は、金城ふ頭駅で、あおなみ線の乗車時間は、24分です。

ディズニーランド等は最寄り駅を降りてすぐにあるのでレゴランドもそうだと思っていたら、レゴランドは、最寄り駅を降りてからが遠いです。途中に、噂のメイカーズピアも通っていくんですが、たっぷり15分は歩いたと思います。

営業日時は要チェック

レゴランドは、遊園地には珍しくお休みがあります。火、水曜日が休みのことが多いです。しかも、毎週ではなく、どうやら不定期のようです。旅行を計画する際には、営業日を必ずチェックしましょう。

また、営業時間も日によって異なります。HPでチェックしてから行きましょう。

チケットはベネフィットステーションが最安

レゴランドはとにかくチケット代が高いと話題です。

  価格
大人 6900円
子供 5300円

 

大人2人子供2人で合計24400円です。確かに高いですね。

でも、あまりにも高い高いと言われたせいか、親子パスポート(大人+子供)6900円というのも出来ました。すごいですね、子供がタダになってしまいます。

エドパパもそんなに調べたわけではありませんが、恐らく一番安く購入できるのは、ベネフィットステーションではないでしょうか?こちらですと、

  価格 価格(ベネフィット)
大人 6900円 5900円
子供 5300円 4532円
親子 6900円 6555円

となります。これですと、大人2人子供2人で、13110円(差額11290円)となり、全然許容範囲となる気がします。

ベネフィットステーションは、利用できる方が限定されてしまいますが、利用することが出来れば、とってもお得です。

入口での混み具合は

エドパパ達が訪問したのは、2018年2月の月曜日です。10時開場ですが、レゴランドの入口に到着した時には、9時40分でした。写真のように入口の所に人はほとんどいませんでした。

また、入口の向いでは、4月オープンのレゴランドホテルの建設の真っ最中でした。

事前に他の方のHP等で「10時よりも前に入場できる」という情報があったので、期待して行ったところ10時きっちりに開場していました。どうやら、混雑しているとレゴランドの途中まで進むことがあったようです。

荷物チェック(簡易的)をすると、ロープで区切られた区画で開園まで待ちます。

10時になると、係の人が何やら説明をしていましたが、レゴランドのBGMが大きく、私たちは3列目ぐらいにいましたが、全く聞こえませんでした。この説明は何か意味があったんでしょうか。

 

アトラクションは控えめなものが一杯

我が家の姫(4歳)と王子(2歳)はとにかく怖がりです。姫は、ディズニーランドの電車等も途中で暗いところを通るから泣きそうになっていました。

でも、レゴランドの乗り物は、どれもビックリさせるようなものはなく、穏やかに進みます。大人にとっては物足りないかも知れませんが、我が家のような怖がりの子供にはピッタリだと思います。

レゴファクトリーツアーは、レゴを作る工程を見学できます。また、最後には、この工場で作られたブロックをお土産として貰えます。日本でレゴブロックを作っているのはここだけです。

階段を下りて下のフロアへ行きます。

キャットクラウドバスターズです。これ、良くある上下に自動で揺れるのではなく、ロープを自分で引っ張っることで上下に揺らすことが出来ます。ですので、スリルを自分で調節できます。

ロストキングダムアドベンチャーです。こちらは、中が少し暗く姫は少し怖がってしまいました。このアトラクションでは、車に乗って、銃で盗まれた宝を取り戻しに行きます。

ファラオリベンジは、子供の遊び場にある迷路のようなもので、ボールを飛ばしたりする道具があります。姫も王子もたっぷり30分は遊んでいました。

コーストガードエイチキューは、水の上を船で進むんですが、姫も王子も大喜びでした。

カーゴエースは、王子(2歳)が大喜びで乗っていました。

園内には、至る所にこのようなレゴブロックで出来たオブジェが飾られています。

園の中心には、日本各地の建築物をミニチュアにして飾られています。中には、電車、新幹線も走っています。でも、綺麗に出来ているせいで、レゴで出来ている感じがせず、日光の東武ワールドスクウェアのような印象を受けました。何だか勿体ない気がします。

スプラッシュバトルは、船から水鉄砲を飛ばす他、周りを歩いている人が船の人に向かって水を飛ばすのですが、寒いせいか船に乗っている人は少なかったのと、通路側においてある水鉄砲は壊れているものも多かったです。また、子供の中には、水に濡れてしまい泣いている子もいました。

この他にも色々とアトラクションを楽しみましたが、写真を撮っていたのはこれぐらいでした。

まとめ

初めてレゴランドに行きましたが、意外と空いていてビックリしました。また、アトラクションも小さい幼児であれば十分楽しめ、また、怖すぎるということもなく丁度良かったです。

なお、名古屋の宿泊先については、こちらをどうぞ。

名古屋マリオットアソシアホテルは幼児向け名古屋観光に最適!
2018年2月にエドパパは、姫(4歳)と王子(2歳)を連れて、レゴランド、名古屋アンパンマンこどもミュージアム、東山動植物園(イケメンゴリラシャバーニ!)へ行ってきました。レゴランドの様子はこちらをどうぞ。とっても楽しかったです。その際の宿泊先として選ん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Twitter Facebook
SHARE