MENU
記事内に広告を含みます

休暇村支笏湖に子連れ4人で宿泊!ちとせ割と全国旅行支援併用で実質9割引!氷涛まつりに最適 2023年2月

2023年2月に休暇村支笏湖に大人2人、子供2人で宿泊してきました。今回は、支笏湖で開催されている氷濤まつりを楽しむため、会場から一番近い?休暇村に宿泊してきました。普段は外資系のマリオット系にばかり宿泊していますが、久しぶりに宿泊した民宿、旅館系は結構よかったです。

休暇村支笏湖
  • お料理も満足
  • 氷濤まつりに近い
  • お部屋によっては荷物を持って階段を上がる必要あり

休暇村支笏湖アクセス

休暇村支笏湖の最寄駅は、JR千歳線の千歳駅ではありますが、電車で訪問する方はほとんどいないでしょう。バスは一応45分と出てますが、新千歳空港からのバスでも55分。車か、バスで訪れるのが便利です。

チェックイン

ホテル外観。

休暇村支笏湖のチェックインカウンターは、入って左側にあります。

休暇村にはQ会員という会員制度があり、ベストレート保証、5%のポイント付与などがありますが、特にアップグレードなどの特典はありません。

売店あり

チェックインカウンターのすぐ隣には、小さいですが売店があります。それほど大きくはありませんが、お土産が結構ありました。

お酒は豊富。ジュースはないですね。

雲丹しいたけ、美味しかったです。

予約編 ちとせ割と全国旅行支援の併用で実質9割引

今回の旅行は、支笏湖で毎年行われている氷濤まつりに行ってみたいということで、検討しました。フェアフィールドえにわウェスティンルスツからも1時間ぐらいで来れるのですが、冬の北海道の道路が非常に怖かったため、こちらで宿泊することとしました。結果としてはこちらに泊まって正解でしたね。

で、予約としては、大人2人、子供2人の4人部屋は無かったので、2人づつの2部屋としました。ちょうどちとせ割(5,000円割引+クーポン券3,000円)を行っていましたので、全国旅行支援と併用することで実質無料で宿泊することが出来ました。

価格は、1泊2食付が通常大人1人12,500円、子供7,000円だったのですが、ちとせ割が使えたため、料理を【あんこう鍋】から【あんこうと陶板焼・毛ガニ会席】にアップグレードし、大人18,500円、子供8,000円=53,000円。

ここからちとせ割5,000円引きと、全国旅行支援2割引きを合わせて合計支払額は26,400円。

そして、クーポン券が(3,000+2,000)×4=20,000円分付与。

ちなみに、今後使うかどうかは分かりませんがQ会員のポイント2,500ポイント付与。

ということで、53,000ー26,600ー(20000+2500)=3,900(7%)で、実質9割引で宿泊することができました。まだ3月の分も残っているようですので、興味のある方は休暇村支笏湖を訪れてみては如何でしょうか。

洋室ツインルーム、お部屋は要注意

今回、宿泊したのは、洋室ツインルームなのですが、このお部屋が要注意でした。建物の構造は、下の写真のように長方形のようなんですが、実は、右下の建物(本館)、左下の建物(別館)は別々2階でしか連絡されていません。そして、エレベータがあるのは、メインの本館だけ。今回エドパパ達がアサインされた部屋は別館の3階。つまり、エレベータで2階迄上がった後、連絡通路で別館の2階に行き、その後は階段で3階の自分のお部屋まで『自分』で荷物を運んでいく必要があります。まぁ、エドパパとしては駅でも階段を利用したりするので大丈夫なのですが、女性だけ、年配の方には要注意です。また、男性の方もこの点は覚悟して行った方がいいでしょう。

お部屋に入ってすぐ左側にはトイレが個室であります。また写真はありませんが、トイレの反対側には室内に洗面台があります。

ハンガーラック内には浴衣が各種サイズと、子供用の浴衣120サイズがありました。

ツインベッド。

ベッドの間のテーブルには電話の他、USBポート付きの電源がありました。

テーブルにはお水が2本、クッキーと首マッサージ器具が置いてありました。これ、民宿っぽいですよね。

テレビ。

勿論冷蔵庫は空っぽです。

朝食

朝食バイキングとなります。今回は、大体のメニューを取ってきた写真がメインとなります。自分ですり潰すポテサラ(具材は30種ぐらいありました)、スープカレー、温泉卵、黒豆納豆、ホタテ。この他に、目玉焼きを1人ずつ作れるように、鍋用の火を借りることも出来ました。

トマトジュース、デトックスウォータ、トマトジュース、牛乳等。

ご飯のお供類。非常にたくさんありました。

あんこう鍋の夕食

夕食は、あんこう鍋、陶板焼き、毛ガニの懐石のほか、サラダ、ご飯、みそ汁、デザートなどはセミビュッフェ形式となっていました。エドパパはこのセットだけでおなか一杯。子供用はハンバーグ、エビフライなど。ハッキリ言って、今回のお値段でこのお料理はお値段以上です。

あんこうの唐揚げ。

温泉もあり

休暇村支笏湖のお風呂は、温泉となっています。

支笏湖温泉は、皮膚の表面をやわらかくして脂肪や分泌物を洗い流す効果があるという成分を含んでいます。
また、筋肉痛や関節痛、五十肩、冷え性などにも効果があるといわれています。

写真は公式HPからお借りしてきました。

お風呂の前にはリラックススペースも。

氷濤まつりに最も近い?

宿の情報ではありませんが、今回の宿泊は、この氷濤まつりがメインのため、一緒にご紹介します。まず、氷濤まつりの会場ですが、下の地図上では会場から一番近いのがこの休暇村支笏湖かもしれません。しかし、実際、左側(青矢印)のルートは、雪が積もった山道のため、おススメしません。そして、右側(赤矢印)のルートで行こうとすると、結構な距離となります。

エドパパ達は明るいところから夜に変わるところまでを見たかったため、夕方に行こうとしたのですが、宿の送迎バスは19時と20時発と遅いバスしかなく、また、右側のルートで車で行こうとすると、千歳側からの車の渋滞が宿へ向かう道路の先から始まっていたため、左側のルートから徒歩で行きました。しかし、エドパパはこのルートで4回転んだので、ハッキリおススメしません。(しかし王子(7歳)は、今回の旅行(スキー含)で何が楽しかったか聞くと、この山下り(滑り台のように滑っていった)と答えてましたので、来年行くなら同じルートで行くと思います。。。)

圧巻の氷濤まつり

開場の入口。また、今回、夕方から夜にかけて訪問しましたが、これが良かったと思いました。まだ明るいうちはそれほど会場の通路が滑りにくかったのですが、夜ともなると冷え込んできて、通路となっている部分もかなりツルツル滑っていました。寒さも大変ですが、下が滑るのは危険ですので、多少明るい時間から夜にかけてがベストではないでしょうか。

氷でできたウサギ。干支ですかね。

圧巻の氷です。人の大きさと比べて高さが良く分かります。

つららの洞窟

氷のピアノですね。

ライトアップ。かなり綺麗ですね。

別角度から。

まとめ

休暇村支笏湖に2023年2月に家族4人で宿泊してきました。お宿は昔からある民宿と言う感じですが、料理も美味しく、快適に過ごすことが出来ました。また、合わせて氷涛まつりに訪問してきましたが、ただの雪像ではなく、氷の造詣が素晴らしいですので、一度は訪れてみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Facebook
Twitter
Feedly
SHARE