JWマリオットマカオ 世界最長の流れるプールは最高 プラチナ特典ラウンジもヌードルバー有 2019GW

エドパパは、2019gwに香港マカオ旅行として、JWマリオット香港、香港ディズニーランドホテル、香港エクスプローラーズロッジに続き、JWマリオットマカオに宿泊してきましたのでご報告します。

香港ディズニーエクスプローラーズロッジ プレミアルームアップグレード アクティビティが充実 2019GW 香港ディズニーランドホテル キングダムクラブでラウンジ利用とスイートアップグレード 2019GW JWマリオット香港 SPGAMEXの無料宿泊特典利用 エグゼクティブハーバービューにアップグレード クラブラウンジの朝食/夕食 香港エクスプレス航空 早朝UO625便 東京(羽田)-香港線 搭乗レポート 移動方法/機内食 20190427
プールが最高
 一度は体験してほしい世界一長い流れるプール

予約編 5/1周辺は要注意

今回の旅行で1番予約が取り辛かったのが、こちらのホテルでした。最終的には、2泊の予約を1泊ずつとって事なきを得ましたが1年のうち、マリオットの予約が出来たのは多分数十日だと思います。
その理由が、こちらのホテルのチェックインの際にラウンジの方に聞いて判明しました。中国は、5/1のメーデーに合わせて4連休になっていたのです。そのため、予約が取り辛く、エドパパが予約したあとは全く部屋が空いていませんでした。2019年は前週の土曜、その週の日曜日をくっつけて4連休にしたようです(その土曜と日曜は平日化)。ちなみに、2020年は3連休となるようですので、中国、香港、マカオ等へ旅行予定の方はお気をつけ下さい。

GWは中国もお休み
中国は5/1周辺が連休の可能性が高い

で、結局予約は直前の3月まで取れませんでした。1番安いデラックスルームの予約は取れず、プレミアルームを、1泊目が2384HKD、2泊目が2587HKDで予約しました。

マリオットの予約はポイントサイトを経由して2重取り

マリオット系列のホテルに最安値で宿泊するには、公式ホームページからの予約が必須ですが、もう少しお得に小銭の錬金術が可能です。

それが、ポイントサイトの経由です。2019年3月現在では、他のサイトと比較してi2iが最も還元率が高くなっています。i2iを経由して公式サイトからマリオット系列のホテルを予約することで、4.9%のポイントを獲得することが出来ます。(4/8追記)現在、すぐたまが3.5%で高還元率となっています。

アメフリ(旧:i2iポイント)はベストポイントで最強の還元率

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!

すぐたまで還元率4%のプリンスポイントを貯めてプリンスホテルに無料宿泊しよう

すぐたま 期間限定 登録で600mile

JWマリオットマカオお部屋グレード一覧

JWマリオットホテルマカオのお部屋グレード一覧になります。

  • デラックスルーム 45㎡
  • プレミアルーム 50㎡
  • エグゼクティブルーム 45㎡
  • リトゥリートパティオスタジオ 53㎡
  • ジャグジーアンドパティオスタジオ 54㎡
  • エグゼクティブスイート 96㎡
  • リトゥリートプールスイート 110㎡
  • チェアマンスイート 192㎡
  • プレジデンシャルスイート 288㎡

アクセス

JWマリオットホテルマカオは、巨大カジノリゾートであるギャラクシーの中にあります。ギャラクシーは、いわゆるカジノリゾートが密集しているタイパ地区にあります。

ギャラクシーには、5つのホテルが集合しています。ギャラクシーのモール内にあった模型。

ギャラクシー内ホテル
  • オークラ
  • JWマリオットマカオ
  • リッツカールトン
  • ギャラクシー
  • バンヤンツリー
  • ブロードウェイマカオ(モールからは道路1本隔たり)

今回、エドパパたちは、香港からの移動を、2018年10月に完成した港珠澳大橋を利用してバスで通過しました。後日、その様子はアップデートしたいと思いますが、澳門側の国境?イミグレーション?を行う、澳門口岸からは、ギャラクシーまでの送迎バスは存在しません。また、タクシーもいませんでした。で、移動手段としては、路線バスマカオ空港まで行く無料送迎バスでした。エドパパたちは、路線バスだとどこへ行くか分からなかったので、マカオ空港までの送迎バスに乗ってみました。マカオ空港からは、各ホテルまでの無料送迎バスが出ており、トータルで40分ぐらいで到着したと思います。

しかし、とっても広いリゾートになるので、バス停も2カ所あります。正面?ギャラクシーホテル等があるダイヤモンドロビーと、JWマリオットホテルマカオ等があるパールロビーです。

こちらは、JWマリオットホテルマカオのロビー。

チェックイン編アップグレードなし?

チェックインは、クラブラウンジで行いました。JWマリオットホテルマカオのクラブラウンジは、2階にあります。そして、アサインされたお部屋は、22268でした。で、この部屋が一体どのグレードになるのか?分かりませんでしたw
HPの写真をみても、デラックス、プレミア、エグゼクティブのお部屋の違いが分からないのと、部屋の広さが分からないからです。
なので、プレミアルームでクラブラウンジアクセスがついただけなのか、エグゼクティブルームなのか、いまだに不明ですw。しかし、残念なのは確か。これも、中国のお休みのせいでお部屋が一杯のせいでしょうか。

プレミアルーム?のお部屋編

JWマリオットホテルマカオは、全体が『へ』の字の形をしています。への字の内側がリゾートビューであり、外側はシティビューとなります。ちなみに、リッツカールトンマカオは、同じ建物内にあり、下がマリオット、上がリッツカールトンのフロアとなっていますが、フロント、出入り口は100mほど離れた場所に存在します。

お部屋を入って直ぐ左側には、ハンガーラックがあります。実は、この奥の扉、開くようになっていて、洗面所からも洋服が取れるようになっています。バスローブが掛かっていました。

ハンガーラックの後ろのトイレ&洗面所&お風呂。トイレがガラス張りで丸見えですw。でも、一応、ガラスにタオル掛けがあり、バスタオルを掛ければ下は見えなくなります。

バスタブ。ジャグジーはなかったと思います。。こちらのすりガラスは、スイッチ1つで透明とすりガラスとに切り替わります。

洗面台の横に水2本。冷蔵庫が入っているテーブルにも水2本があったので、合計4本お水がありました。掃除の際にもまたここにお水がおいてありました。

ありました。ROMATHERAPYというブランドのアメニティーでした。リモコンがありますが、実は、洗面台の正面にあるガラスの一部がテレビになっているので、お風呂に入りながら、テレビを見ることが出来ます。多分、リモコンは防水のようで凹凸がありません。

冷蔵庫の入っているテーブルの棚。カップが4つにスプーン。

ガラス製のコップも。

ティーセット。

中国っぽい、急須もありました。で、このテーブルの中に冷蔵庫があるんですが、実は、冷蔵庫は、電話しないと開けてくれないそうです。いや、英語の話せない日本人に、冷蔵庫が空かないって電話で説明するのは、かなり苦労しましたw。

ベッドはツインです。ベッドは固定されていて動かせません。

ベッドの正面にはテレビが。日本のanimaxが映りました。

テレビの前にある台には、コンセントの他、USBの充電口もありました。途中のホテルで充電器を1つ無くしていたのでうれしかったです。

ベッドの脇にもコンセント、USB充電ができる時計が置いてありました。

窓からの眺め。右がギャラクシーホテル、左がオークラかな?この2つのホテルとJWマリオットホテルマカオは全て同じ敷地であり、下に見えているプールは、実は地上ではなく、3階となります。そして、1,2階は、中心にカジノ、その周りをぐるりと1周ショッピングモールとなっています。エドパパたちも1周してみましたが、1㎞以上あると思います。

下には、グランドリゾートデッキ(プール)が見えます。右下側はJWマリオットホテルマカオのプール、ほとんど見えないですが、左下側がリッツカールトンホテルのプールになるようです。

流れるプールは最高(グランドリゾートデッキ)

JWマリオットホテルマカオのオススメといえば、何と言っても世界一長い流れるプールです。5月の初旬に行ったため、少し肌寒かったですが、一応プールは温水です。ただし、それほど温かい訳ではなく、1日目は大丈夫でしたが、2日目は、姫(6歳)も1時間で出ようと言い出しました。

上にも書いたように、ギャラクシーには、5つのホテルが集合しており、それぞれのホテルがプールを有する他、共通のプールであるグランドリゾートデッキもあります。各ホテルの出入口には、守衛がいて、自分の宿泊するホテルにしか出入り出来ません。ホテルの識別は腕に押されたスタンプで判別します。さらに、一部は工事中で新しく作っていましたので、まだまだ広がるのでしょう。

守衛。

JWマリオットマカオには、プールが2つあり、プールバーも併設された大人用の落ち着いたプール、子供用の滑り台がついた30cmくらいの深さのプールがありました。夜の大人プール

子供用プール。

ガゼボもちゃんとあります。ただし、2時間で400MOP(6000円?)

また、木に隠れているため非常に分かりづらい場所にジャグジーもありました。

そして、グランドリゾートデッキには、世界一長い流れるプールのほか、波の出るプール銀河級のスライダー子供専用の遊び場もあります。

流れるプール

流れるプールの一部は、このように透明なチューブになっていて下から見えます。奥にはホテルオークラ?が見えます。


浮き輪は、大人用の大きいもの、子供用の小さいもののほか二人で同時にのれるものも無料で借りられます。また、棒状のスポンジも借りられました(どうやって使うかは分かりませんでした)


流れるプールの回りには、砂が敷き詰めらられた浅瀬や、スライダーもあります。

三種類のスライダーは銀河級のスピード

ギャラクシー(銀河)という名前だからか、それぞれのスライダーには名前が付いていて、他の2つもかなり早いですが1番早い銀河級スライダーは、ヤバイぐらい早かったです。

ただし、120㎝以上の身長が必要です。残念ながら姫(6歳)は、身長が足りず止められてしまいました。結構ちゃんと調べられました。

キッズプレイスペース?

なんていうか分かりませんが、子供たちが遊べるスペースがありました。小さい滑り台に、大きい水鉄砲などですね。

1.5mの高さの波の出るプール

波の出るプールは、時間によって波の高さが変わるようで、1番大きい波のときは、高さが1.5mの波となります。いや、日本じゃあり得ないぐらい波が高かったですよw。ここも砂が敷き詰められていました。リゾート全体で850トンもの砂を使っているようですね。

波の出るプールの横にもキッズスペースがありました。

夜には、ホテルの証明が5色くらいに点滅します。赤。プールから見たところです。

黄色。

ヌードルバーもあるクラブラウンジ

こちらのクラブラウンジは、3才以上は、追加料金が掛かります。よく添い寝幼児は無料であることが多いですが、3歳から追加料金が掛かるホテルは初めてでした。

クラブラウンジタイムテーブル一覧

クラブラウンジは、4つのタイムテーブルがります。また、朝食は、クラブラウンジか、2階にあるurban kitchenか、どちらかを選択することが出来ます。

  • 朝食 6:30~10:30
  • アフタヌーンティ 14:30~16:30
  • オードブル 17:30~19:30
  • イブニング・カクテル 17:30~21:30

朝食はレストラン選択可能でメニュー豊富

朝食は、2日ともレストランに行ってきました。さすがレストラン、メニューがとっても豊富にありました。

まずはジュース。リンゴ、オレンジ、レモンのような酸っぱいジュース。

ドライフルーツ各種。かなり数があります。奥側はシリアル各種。

サラダ。ミニトマトもちゃんとあります。

キノコの炒め物に、カニの肉の和え物?、チーズ各種。やはり、美味しいです。

海鮮雑炊、牡蠣が入っていて美味しかったです。ご飯もあります。

キムチや漬物ぽいもの。

白粥に、雑炊用の具材も一杯あります。

フライドエッグinティーフレーバーとあります。紅茶付けなのかな?

揚げ饅頭に、ゴマ団子。美味しかったです。

ヌードルバーは、6種類の麺に、具材もかなり豊富に揃っていました。

焼きトマトに炒め物。

カリカリベーコン、焼きそば?、しんなりベーコン。ベーコンの下には、パンが置いてあります。

ソーセージ、鶏肉炒め物に、ソーセージ。

ゆで卵にラーメン用の具材かな?

焼き豚に、焼きパイナップル、ポテトフライです。

  

フルーツ各種です。スイカ、パイナップル、ドラゴンフルーツ、オレンジ等々。

剥かれていないオレンジやリンゴ等々。

ヨーグルトも各種揃っています。

甘いパン各種。

フランスパンもちゃんとあります。

おしゃれに飾られたヨーグルトたち。

マカロンのこんなケーキもありました。

クラブラウンジ内朝食

urbankitchenで食べた後に、ちょっとだけ覗いてみたのでこちらもご報告します。

ヌードルバーもちゃんとありました。エッグステーションも兼ねていて、卵は4種類作ってもらえます。

春巻、お粥用の具材各種。

サラダ各種にキムチ等々。チーズもありますね。

甘いパン各種。

ヨーグルトにバナナ。

フランスパン、その他パン等々。

スイカ、マンゴー、オレンジ、ブルーベリー・イチゴ、メロン、パイナップル、ハム各種、サーモン。

紅茶各種。

ジュースは、オレンジ、アップル、レモンのように酸っぱいジュース。

アフタヌーンティ

チョコクロワッサンに、さくら?のムース、クッキー各種。

手前がキュウリのお寿司のようでした。かっぱ巻き?、サンドイッチ2種類。

スコーンですね。ジャムも4種類ほどありました。

冷蔵庫には、こういったジュースが並んでいます。お水、ダイエットペプシ、ペプシ、ジンジャエール、ファンタのオレンジみたいな。

イブニングカクテル

夜の時間のお酒は、基本的にスタッフの方が持ってきてくれます。自分で注ごうとすると、私達の仕事だから座っていろと言われてしまいました。でも、お酒は、本当に一杯ありました。赤、白、スパークリングワインは勿論、ビールも数種類置いてありかなり充実しているなーという印象です。

夜の時間の食事は、毎日少しずつ変わり、麺のスープも変わっていました。初日は、白湯スープだと思いますが、子供も食べられるもので、良かったのですが、2日目は、ちょっと辛いスープに変わっており、子供達が食べられず残念でした。そもそも子供の利用はあまり考えていないかも知れないですね。

タイ風炒め物、春巻、豚肉の炒め物、トマト等の炒め物、ごはん、お粥。

肉骨茶ってありますが、なんでしょう、お魚、ラーメン用のスープ。

この日のスープは白湯。

ラーメンの具材も沢山あります。

ドライフルーツ少し、チーズにパン各種。フランスパンもあります。

しっかりとしたケーキが3種類ほどありましt

 

サーモンは、普通、ペッパー付きの2種類がありました。ハム4種類。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニトマト2種類、その他トマト各種。

ムール貝入りリゾット、ポテトの炒め物、コロッケ。

メロン、スイカ、オレンジ、パイナップル、マンゴー。

フォーチュンダイヤモンドショー(ギャラクシー内)

ギャラクシー・マカオで毎日行われている、水と光のショーです。カジノらしいゴージャス感&金運もアップ?と言われるフォーチュン・ダイヤモンドショーだそうですが、期待して見に行ったところ、期待外れと言った感じでしたw。30分に1回の開催ですが、エドパパたちが見に行くと、10分ほど遅れて始まりました。結構時間はあいまいかも?

ダイヤモンドが登場。

光輝きます。

まとめ

2019年GWにJWマリオットホテルマカオに2泊してきました。今回は、残念ながら、お部屋が一杯のせいか、アップグレードされたかどうかかなりあやふやでした。

しかしながら、JWマリオットホテルマカオは、なんと言っても世界一長い流れるプールがあるグランドリゾートデッキが最高です。エドパパたちも行ってきましたが、確かに、楽しいです。しかも、流れるプールだけでなく、波の出るプールや、スライダーもとっても楽しかったです。

クラブラウンジは、朝も夜もヌードルバーがあり、色々なメニューを楽しむことができます。朝食は、レストラン(urban kitchen)も利用することができ、豊富なメニューを頂くことが出来ます。夜のラウンジは、とってもお酒が充実していて、ここで晩御飯を済ませることも可能です。

今回の宿泊では、レイトチェックアウトルームアップグレードクラブラウンジ+レストランでの朝食を堪能することができました。これも、SPGAMEXカードでプラチナチャレンジに成功してチタンステータスを取得していたおかげです。ちなみに、SPGAMEXカードを取得してゴールドステータスを取得するだけで、レイトチェックアウト、ルームアップグレードを受けられます。

2020年 還元率最強のクレジットカードSPGアメックス(amex)のメリット アップグレードやポイント無料宿泊 徹底解説

そして、SPGAMEXの加入は、既会員からの紹介によって入会するのが一番お得です。SPG AMEXは、入会時最初の3ヶ月のうちに10万円を利用することで、30000ポイントを獲得することができます。これは、全ての加入者に共通のキャンペーンです。

さらに、現カード利用者からの紹介を受けて入会すると、6000ポイントを追加で獲得することができます。カード利用10万円でも3000ポイントが獲得できますので、10万円の利用で合計39000ポイントを獲得することが可能です。

この特典は、知人に限り紹介可能という制度ですが、他に紹介してくれる人に心当たりがない方は、私からご紹介いたしますので、こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせいただくと、私からご紹介のメールを差し上げます。

お名前はニックネームでも構いません。メールアドレスは忘れないようにお願いいたします。

MEMO
AMEXの紹介制度は、紹介者と入会者が「互いに連絡可能な状態にある方」が利用できますので、エドパパとお友達になっていただければ大丈夫です!コメント欄、fakebook等でコメント頂けると幸いです。

私のFacebookアカウントからもどうぞ。こちらからでも同じようにポイント増量の特典を受けることができます。

下のような画像の部分にあるリンクをクリックすると、加入することが出来ます。こちらも、一緒にコメント頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です