記事内に広告を含みます

琵琶湖マリオット スーペリアツインと和室&体育館、カクテルタイム充実のクラブラウンジ 2023年GW

2023年のGWに初めて琵琶湖マリオットホテルへ宿泊してきました。琵琶湖マリオットホテルは、体育館、プール、レンタサイクル等アクティビティ充実のホテルです。更に、クラブラウンジも備えており、プラチナ会員にはとってもおすすめなホテルです。今回は、連泊ですが、洋室(スーペリアツイン)、和室の2部屋に宿泊してきましたので、お部屋とともに各種施設をご紹介します。

ポイント
  • 体育館、プール、プラネタリウム等施設充実
  • カクテルタイムも充実のクラブラウンジ
  • 和室もあり
  • ピエリ守山(モール)が徒歩圏内
  • レンタサイクル利用可能
  • 小学生まで添い寝OK

アクセス

琵琶湖マリオットホテルは、JR「堅田」駅が最寄り駅となります。ただし、徒歩ではとてもいけない距離であり、送迎バスが1時間に1本ほど運航しています(所要時間15分)。最寄りではありませんが、JR「守山」駅からも路線バスが運行しています。

バス時刻表はこちら

徒歩10分ほどにピエリ守山もあり

琵琶湖マリオットホテルは、ホテルとしても充実の施設を有していますが、徒歩10分ほどにショッピングモール『ピエリ守山』があります。ですので、ホテル前の道路はいつも渋滞していました。ちなみに、ピエリ守山と言えば、明るい廃墟として有名になり、一度潰れたはずですが、良く復活したなと思います。

ピエリ守山は、JR「堅田」駅だけでなく、「守山」駅からも無料送迎バスが出ていますので、そちらの送迎バスを利用するのもアリだと思います。

ピエリ守山には、琵琶湖スカイアドベンチャー(空中アスレチック)が併設されています。エドパパ達は、ブルーメの丘にあるアスレチックアルプスジムも行きましたが、人の数、使いやすさも含めてここの方が断然おススメでした。GWなのに、エドパパ達以外利用者がいませんでした。

予約編

今回の予約はポイント泊現金泊とを組み合わせました。直前までポイント泊は無かったんですが、1週間ほど前にポイント泊が出たため、1泊目をポイント(洋室)で、2泊目を和室としました。通常であれば琵琶湖マリオットホテルは2万円ほどで宿泊も可能なようですが、GWはさすがに現金49,000円とお高くなっており、しかも全国旅行支援も使えないため、できればポイント泊(42,000ポイント)を使いたいところだったので、ラッキーでしたね。

チェックイン

琵琶湖マリオットホテルのチェックインカウンターは1階にあります。入口入ってすぐ右側にあります。

正面にはクローク。GWなので、荷物が大量にありました。

プラチナ特典@朝食はデフォルト付帯

マリオットプラチナ以上の会員の特典は、以下のようになっています。最近は朝食選択サービスの1つとなっているホテルが多い中、最初から朝食無料が付帯されているのはグッドですね。

プラチナ特典
  • 1000ポイント
  • レストランでの朝食無料
  • ルームアップグレード
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • ラウンジ代替サービス
  • プールの無料利用(通常830円)

ラウンジ代替サービスは、クラブラウンジが無いのですが、ロビーラウンジでクラブラウンジと同様の飲食サービスを11時~22時まで受けることができます。

今回エドパパは、2泊しましたが、どちらのお部屋もアップグレードの特典を受けることが出来ませんでしたが、その場合、アップグレードの代わりに1,000ポイントを受けられるとのことでした。全室で274室のホテルでプラチナ以上が120組以上ってすごいですね。

スーペリアツインのお部屋

琵琶湖マリオットの形状は少し歪な長方形となっています。琵琶湖ビュー陸地ビューの2択となります。まずは、洋室のお部屋をご紹介します。

入口入ってすぐ右側にはアイロン台とアイロンのある棚。

入口入ってすぐ左側にはトイレですね。

洗面台。アメニティは、お部屋に無く、チェックインカウンターで受け取ってくる形になっています。さらに、2023年9月1日からはブラシ、シャワーキャップが有料の予定となっております。

洗面台の後ろにはお風呂。

ツインベッド。

窓側にはソファとテーブルセット。

テーブルの上にはサイダー2本と麩菓子。でも、麩菓子はエドパパの口には合いませんでした。

ベッド脇のテーブル。残念ながらUSBポートが無かったですね。

テレビ。枠に対してテレビが小さく感じてしまいましたね。

冷蔵庫の中は空っぽです。

ティーセット。お茶と1杯ずつのドリップバッグ。

お部屋からの眺め。テニスコートとフットサルコートが見えますね。

別の角度。向こう側にピエリ守山と琵琶湖が少しだけ見えます。

アクティビティが豊富

琵琶湖マリオットホテルはアクティビティが豊富です。体育館は無料で使えますし、室内プールもあります。温泉もありますし、ゴルフ練習場、テニスコート、フットサルコート、ストライダー、プラズマカー、プラネタリウムまであります。

そういえば、パジャマワンピースタイプ。子供用のパジャマも90cm、120cmとありました。

和室は琵琶湖ビュー

和室は必ず琵琶湖ビューとなるようです。

入ってすぐに玄関があります。棚に載っているのはキッズアメニティ。

お部屋を入ってすぐ左側にトイレ。

洗面台。勿論、お風呂もありました。

ハンガーラック。

押し入れには布団が。一応、6時過ぎくらいに布団を敷きに来てくださいました。

和室のお部屋。洋室30mで、和室40mなので、和室の方が広いはずなんですが、私の印象ですが、洋室の方が広いんじゃないの?と思いました。

窓側のテーブルセット。昔の旅館って感じですよね。

テレビ。

お部屋からの眺め。琵琶湖が見えます。また、この右側にはサイクリストの聖地で、琵琶湖1周のためのスタート地点となる公園が整備されています。

障子の向こう側にカーテンがあります。どこかのブログで、障子がまぶしいって書いてあったと思うんですが、ちゃんと暗くなるので朝もゆっくり眠れました。

ホテル前公園は琵琶湖1周の起点。

琵琶湖マリオットホテルの前には公園が整備されていて、一応、ここから琵琶湖1周の起点となるようで、距離マークもありました。

琵琶湖オブジェ。

Grill & Dining Gの朝食@プラチナ特典

プラチナ会員以上の特典の1つとして、12階レストランGrill & Dining Gでの朝食が無料で付いてきました。

もちろん、大人2人の他、添い寝の小学生2人も無料でしたよ。12階のレストランは、琵琶湖ビューであり、景色が抜群でしたよ。さすがにGWはかなりの混雑ぶりで隣のお部屋も開放していました。でも、逆に地下1階のレストランはガラガラでしたね。

マッシュルームソテー、ぶろっこりー、コーン、春巻き、ポテト、パスタ、ソーセージなど。

滋賀を食すとして、地元食材が沢山並んでいました。温野菜。

シジミのお味噌汁や、豆腐など。ごはんのお供もかなりたくさん並んでいました。

うどんやカレー、スープ、炊き込みご飯。

勿論、パンも大量に並んでいました。

トルティーヤコーナもありました。

サラダコーナ。

ドリンク各種。スムージーやフレッシュジュースも各種ありました。

充実のラウンジサービス

琵琶湖マリオットホテルクラブラウンジがありませんが、代わりに、1階のロビーラウンジで11時~22時までラウンジ代替サービスを行っています。

ティータイム

11時から17時ぐらいまでは、軽食とドリンクを頂くことができます。こちらはカヌレ?スコーン?カップケーキ?が正解でしょうか。

柿の種やチョコ、クッキーなど。

リーフパイやルマンド。

ネスプレッソ。

ドリンクは各種冷蔵庫に入ってました。夕方でしたが、お酒も頂けましたね。

ご飯が充実のカクテルタイムサービス

琵琶湖マリオットホテルのカクテルタイムは、他のホテルと違い、子ども入場制限がありません。さらに、ご飯ものの充実ぶりが凄いです。そして、GW期間は激混みかと思っていたら、別途別会場を開放しており、そちらは人が全然おらずとっても快適に過ごすことが出来ました。

別会場からは滝のある庭が見えます。

こちらビールサーバー。コップをセットすると下からビールが増えていきます。子どもたちが見たくて何度もお替りさせられました。

ポーク、チキンロール、ジャーマンポテト等。

エビとアボガドサラダ、野菜スティック、サラダ等。

パスタ、キッシュ、タコのうま煮、アジ。

ご飯とお茶漬けセット。

ケーキ各種とトルティーヤスナック。

ドリンク各種。

この他、各種リキュールも並んでいました。

イベントも開催

琵琶湖マリオットホテルでは、各種イベントも定期的に開催されています。2023年のGWは、夜店が開催されていました。射的、輪投げ、千本引きの3種類のゲームがありました。

地下1階のレストランでは、夕食時、クラウンサーガスがやってきていたようです。

プール、温泉、ランドリールームあり

琵琶湖マリオットホテルは、充実の施設ですが、プール、温泉、ランドリールームもバッチリ完備です。

プールと温泉の入口。

ランドリールーム。洗剤は自動で出てきます。

体育館への道。

喫煙室。

キッズルーム。

キッズルーム。

売店。

窓ガラスにシートを張って落書きできるようになっていました。後ろに見えるのはプラズマカー用の広場。プールじゃないですよ。

また、写真は撮ってないですが、体育館は、バドミントンコート2面、卓球台10台ほど、バスケットゴール2つが利用可能でした。卓球はボールが1つ100円で購入、バドミントンの羽が200円で購入でした。勿論家からの持ち込みでも大丈夫です。

まとめ

初めて琵琶湖マリオットホテルに宿泊してきました。琵琶湖マリオットホテルは、体育館、プール、プラネタリウムなど、とっても施設が充実したホテルです。外に出ずホテルだけで楽しむことが出来ますし、レンタサイクルで琵琶湖を1周するのも可能です。しかも、クラブラウンジの代替サービスも用意されており、最近では珍しい子供夜の時間に利用することが可能です。GWということもあり、現金価格は高かったですが、普段はそれほど宿泊料金も高くないようですし、関東にあれば定宿としたいところですね。

マリオットの予約はポイントサイトを経由してポイント2重取

今回の予約でも利用していますが、マリオット系列のホテルに最安値で宿泊するには、公式ホームページからの予約が必須です。しかし、もう少しお得に小銭の錬金術が可能です。それが、ポイントサイトの経由です。2023年9月23日当時には、ハピタスが3%、モッピーが3%、アメフリが2%の還元率となっていました。2024年3月現在、ポイントサイトは海外のサイトだけが利用可能で、全て英語ですが、topcashbackなら3%の還元率で宿泊予約が可能です。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

アメフリ(旧:i2iポイント)はベストポイントで最強の還元率 すぐたまで還元率4%のプリンスポイントを貯めてプリンスホテルに無料宿泊しよう 海外キャッシュバックサイトでマリオット、ヒルトン予約やバイポイントをお得にしよう

マリオットボンヴォイアメックスでルームアップグレード&レイトチェックアウト

マリオットボンヴォイプレミアムカードは、マリオットのゴールドステータスを獲得可能ですので、ルームアップグレードレイトチェックアウトの特典を受けられます。

2024年マリオットボンヴォイプレミアムカードは還元率最強クレジット!アップグレード,無料宿泊 メリット解説

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です