MENU

2019年以降の天皇誕生日は2月23日に。そして12月23日は今後祝日化されるか?!

2019年5月1日に、現在の今上天皇(平成天皇?)が退位し、現在皇太子である、皇太子徳仁親王が天皇となることは、決定いたしました。

2019年 ゴールデンウィーク(GW)は10連休に決定!カレンダーは自分で赤丸を

これまでの天皇誕生日(12月23日)が祝日化されるのか?と新しい天皇誕生日(2月23日)がいつから祝日になるのか、について考察してみたいと思います。

2019年は天皇誕生日がない年に

今上天皇の退位の結果、天皇誕生日は、12月23日から、2月23日に変更されます。ただし、5月1日の時点で新しい天皇誕生日である2月23日は、過ぎてしまっているため、2019年は、天皇誕生日が無い年となります。

ちなみに、2019年は、天皇誕生日がなくなったので、他の年よりも祝日が少ない!と嘆く必要はありません。

2019年は、2018年12月14日に公布、施行された「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」によって、5月1日(天皇の即位の日)と10月22日(即位礼正殿の儀の行われる日)の2日分祝日が追加されているので、差し引き+1日となっています。

2020年以降の天皇誕生日は2月23日が祝日に

2019年は天皇誕生日が無い年となりますが、2020年以降は、新しく2月23日が天皇誕生日として祝日化されます。

新しい元号は令和

2019年4月1日発表されたように、新しい元号は、『令和』と決定されました。平成は平成31年4月30日までで、令和は、令和元年5月1日から始まります。

将来12月23日は祝日になるか

では、今上天皇(平成天皇?)の誕生日である、12月23日は、今後どうなるのでしょうか?

実は、明治、昭和天皇の誕生日は、後に祝日となっています。

4月29日は、昭和天皇の崩御後は「みどりの日」でしたが、平成19年に「昭和の日」となり、5月4日が「みどりの日」となっています。

また、大正天皇の天皇誕生日は、昭和以降設定されていません。

明治天皇の誕生日は、以下のような経緯があり、文化の日となりました。(wikipedeaより引用)

1946年(昭和21年)に 日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、 1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められた。日本国憲法は、公布から半年後の 1947年(昭和22年) 5月3日に施行されたため、5月3日も 憲法記念日として国民の祝日となっている。

そして、実際に12月23日がどうなるか、現在の状況について、以下のように報じられています。

参考 天皇誕生日は2月23日、12月23日は当面平日に…政府検討入り産経ニュース

政府は、「天皇誕生日」として現在祝日となっている12月23日について、皇太子さまが即位される平成31(2019)年5月1日以降の天皇誕生日は2月23日となることから、即位後は当面祝日とはせず平日にする検討に入った。

ここで、注目したいのは、当面祝日とはせず、の一言です。

即時に祝日としないのは、以下のような懸念があるからです。

譲位後の陛下は「上皇」となられる。12月23日を「上皇誕生日」とするのは新旧天皇の併存による「二重権威」とも映りかねないため、当面は平日とするのがふさわしいとの指摘がある。

そこで、当面とはいつまでなのか、考えてみます。

懸念として、二重権威があるためと言っていることから、きっと、今上天皇(平成天皇)が存命の間は、12月23日は平日のままではないかと思います。

明治天皇の天皇誕生日は15年後に設定

実際に、そんなに後から祝日になるのか?と疑問に思うかもしれませんが、 文化の日は、実は、大正時代には、祝日ではなく、崩御から15年後(1927年昭和2年)に明治天皇を偲ぶべく「 明治節」として新たに祝日として制定されました。

この結果から読み取れるのは、数年後、今上天皇(平成天皇)の天皇誕生日である、12月23日は、祝日となる可能性有ということです。

ただし、このように祝日を増やしていくと制限がなくなり、将来毎日祝日ということにもなりかねないため、祝日化が見送られる可能性もあります。

いずれにしても、クリスマス時期にお休みが1つ減るのは、旅行にも行けなくなってしまいますし、是非とも祝日になってほしいですね。

ルネッサンスリゾートオキナワでサンタと過ごすクリスマス 2018年12月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Twitter
SHARE