記事内に広告を含みます

JALもANAも国際線PP,FOP2倍キャンペーン!上級会員(SFC、JGC) を簡単に取得!2023年

ANA国際線につづいて、JAL国際線fly on ポイント2倍キャンペーンをスタートしました。ANA国際線でもプレミアムポイント2倍キャンペーンがスタートしていますので、大手2社ともに国際線に沢山のれば上級会員(SFC、JAL)が簡単に獲得できます!コロナによる渡航規制も完全に解除され、ついに海外へも自由に行けるようになってきましたので、上級会員(SFC、JAL)を獲得するには絶好の機会ですよ!

2023年JAL FLYONポイント2倍キャンペーンの内容

2023年のキャンペーンは、2023年7月13日~12月31日まで、JAL国際線 JAL便名のJAL運航便 全路線対象、フライトマイル積算対象 全予約クラスが対象となります。特にキャンペーンへの登録が等は必要ありませんので、普通に予約して登場すれば勝手にFOPが2倍となっています。

  内容
対象搭乗期間 7月13日~12月31日
対象路線 JAL運航の国際線全路線
対象運賃 マイル積算対象の国際線全クラス
倍率 2倍 

キャンペーンサイト

今回のキャンペーンには、特にエントリー等は必要ありません。国際線に乗れば自動的にFOPが2倍となっていますので、ラクチンです。

おススメ路線はアジア・オセアニア線

ANAも同じなんですが、国際線の全路線がPP2倍となりますので、どの路線でもお得なのは間違いないのですが、これから予約を行うとすれば、おススメの路線は、アジア・オセアニア路線となります。

JALは、元々FOPの計算において、アジア・オセアニア路線だけ、FOP計算を1.5倍にしています。今回、そのFOPが更に2倍となりますので、他の地域への通常の旅行時と比べても3倍PPが貯めやすくなっています。

国際線路線倍率
  • 1.5倍:JAL便の日本発着 アジア・オセアニア線、ウラジオストク線
  • 1倍:上記以外の国際線

2023年国際線プレミアムポイント2倍キャンペーンの内容

2023年のキャンペーンは、2023年7月1日~12月31日まで、ANAの国際線全路線対象、マイル積算可能な国際線全運賃対象で開催されます。特にキャンペーンへの登録が等は必要ありませんので、普通に予約して登場すれば勝手にPPが2倍となっています。

  内容
対象搭乗期間 7月1日~12月31日
対象路線 ANAグループ運航の国際線全路線
対象運賃 マイル積算可能な国際線全運賃
倍率 2倍 

キャンペーンサイト

今回のキャンペーンには、特にエントリー等は必要ありません。国際線に乗れば自動的にPPが2倍となっていますので、ラクチンです。

おススメ路線はアジア・オセアニア線

今回、国際線の全路線がPP2倍となりますので、どの路線でもお得なのは間違いないのですが、これから予約を行うとすれば、おススメの路線は、アジア・オセアニア路線となります。

ANAは、元々PPの計算において、アジア・オセアニア路線だけ、PP計算を1.5倍にしています。今回、そのPPが更に2倍となりますので、他の地域への通常の旅行時と比べても3倍PPが貯めやすくなっています。

国際線路線倍率
  • 1.5倍:ANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア・ウラジオストク路線
  • 1倍:ANAグループ運航便のその他路線、スター アライアンス加盟航空会社・スター アライアンス コネクティングパートナー運航便

過去情報

2023年伊丹・関空FOP2倍キャンペーンの内容

2023年のキャンペーンは、2023年2月20日~4月11日まで、伊丹&関空発着路線対象、対象運賃限定(先得除外!)で開催されます。搭乗前にキャンペーンへの登録が必要。先得が対象外なのは残念無念ですね。

  内容
対象期間 2月20日~4月11日
対象路線 大阪(伊丹・関西)発着の対象路線
対象運賃 大人普通運賃、往復割引、障がい者割引、JALビジネスきっぷ、eビジネス、特便1・3・7・21、株主割引、当日シニア割引、スカイメイト、乗継割引7、特別乗継割引(先得除外
倍率 2倍 

キャンペーンサイト

ちなみに、関空の対象路線は、関空ー札幌、関空ー羽田2路線だけですのでご注意を!

FOPの計算例が載っています。注意点としては、搭乗ボーナスの400ポイントまでは2倍にならないところでしょうか。

2022年版FOP2倍キャンペーンの内容

2022年のキャンペーンは、2022年6月8日~7月31日12月31日まで、国内全路線対象、全運賃対象+対象路線限定500FOP追加加算で開催されます。また、国際線についても対象で、国際線は6月8日~9月30日12月31日までが対象となっています。なお、キャンペーンへの登録は不要。自動的に2倍で計算されます。

注意点:ボーナスFLY ON ポイント、各種キャンペーンで加算のFLY ON ポイントは2倍の対象外です。

 

  内容
対象期間 6月8日~7月31日12月31日
対象路線 JALグループ運航の国内線全路線
対象運賃 全国内線運賃
倍率 2倍 
500FOP追加加算

FOP2倍キャンペーンに加え、今回は更に、対象路線限定で500FOP追加加算されます。羽田の対象路線が少ないのは・・・東京のせいでしょうか。

追加加算対象路線
東京(羽田) 三沢/山形/南紀白浜
大阪(伊丹) 女満別/函館/青森/三沢/秋田/いわて花巻/山形/仙台/新潟/松本/
出雲/隠岐/松山/大分/福岡/長崎/熊本/宮崎/鹿児島/種子島
福岡 いわて花巻/仙台/徳島/高知/松山/宮崎/奄美大島
札幌(新千歳) 女満別/青森/秋田/いわて花巻/仙台/新潟
鹿児島 奄美大島/徳之島
計算例が載っています。

2021年版PP2倍キャンペーンの内容

2021年のキャンペーンは、2020年のキャンペーンと大きく異なる点があります。それは、対象運賃が、『マイル積算率75%以上の国内線運賃』ということです。2020年は、全運賃が対象でしたので、少し条件を厳しくしてきました。また、細かい点では、昨年は国際線も対象でしたが、昨今の現状に鑑み、国内線限定となっています。

また、10月以降の搭乗に関しては、那覇・宮古・石垣空港を発着する路線は対象外となります。

  ANA
対象期間 3月22日~11月30日
対象路線 ANAおよびANAグループ運航の国内線全路線
那覇・宮古・石垣空港を発着する路線は対象外
(予約はANAで)
対象運賃 マイル積算率75%以上の国内線運賃
倍率 2倍 

キャンペーンサイト

マイル積算率50%の路線(対象外)

では、対象外の路線とは具体的にどの運賃が対象なのか?ということろですが、実は対象となる路線は結構少ないです。ANA SUPER VALUE SALEなどは対象外ですので、注意が必要です。

  • 個人包括旅行割引運賃
  • 包括旅行DP割引運賃
  • 訪日包括旅行DP割引運賃
  • DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)
  • スマートU25
  • スマートシニア空割
  • ANA SUPER VALUE SALEなど
ANA積算率表
 
区間基本マイレージに対する積算率 積算対象運賃
150%
  • プレミアム運賃
  • プレミアム小児運賃
  • プレミアム障がい者割引運賃
  • ANA VALUE PREMIUM(Child)/ANA SUPER VALUE PREMIUM(Child)
  • プレミアム@Biz *2
  • プレミアムビジネスきっぷ *2
125%
  • ANA VALUE PREMIUM 3
  • ANA SUPER VALUE PREMIUM 28
  • プレミアム株主優待割引運賃
  • プレミアム小児株主優待割引運賃
100%
  • ANA FLEX
  • ビジネスきっぷ
  • 出張@割 *1
  • ビジネスリピート *1
  • 小児運賃
  • 障がい者割引運賃
  • 介護割引
  • ANA VALUE (Child)/ANA SUPER VALUE(Child)
  • ANA SUPER VALUE EARLY(Child)
  • 各種アイきっぷ
  • プレミアム個人包括旅行割引運賃
  • @Biz *3 など
75%
  • ANA VALUE 1
  • ANA VALUE 3
  • ANA VALUE 7
  • ANA SUPER VALUE 21
  • ANA SUPER VALUE 28
  • ANA SUPER VALUE 45
  • ANA SUPER VALUE 55
  • ANA SUPER VALUE 75
  • ANA VALUE TRANSIT
  • ANA VALUE TRANSIT 7
  • ANA VALUE TRANSIT 28
  • ANA SUPER VALUE EARLY
  • 株主優待割引運賃
  • 小児株主優待割引運賃
  • いっしょにマイル割(同行者)
  • ANA SUPER VALUE 75 & JR きっぷなど
50%
  • 個人包括旅行割引運賃
  • 包括旅行DP割引運賃
  • 訪日包括旅行DP割引運賃
  • DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)
  • スマートU25
  • スマートシニア空割
  • ANA SUPER VALUE SALEなど

2020年プレミアムポイント/FLYONポイントが2倍!

ANAとJALは、それぞれ自社の会員に対して、ステータスを用意し、専用カウンター、優先登場、ラウンジなどの特典を受けることができます。そのステータスを獲得するために必要なのがそれぞれ、プレミアムポイント(PP;ANA)とFLYONポイント(FOP;JAL)となります。そして、カードを保有している限り半永久的に上級会員の資格を得られるのがそれぞれSFC、JGCカードですが、どちらも取得するには、50000PP/FOPが必要となります。

しかし、2020年3月、新型コロナウィルスによる需要減少に対抗するため、ANA/JALともにこのポイントの取得比率を2倍に引き上げるキャンペーンを始めました。

以下に今回のキャンペーンの詳細をまとめてみました。

  ANA JAL
対象期間 1月1日~6月30日 2月1日~7月31日
対象路線 国内・国際線(ANAのみ) 国内・国際線(JALのみ)
対象運賃 全運賃  全運賃
倍率 2倍  2倍(キャンペーン除く)

対象期間

ANAは、2020年1月1日~6月30日。JALが2020年2月1日~7月31日となります。ANAは年始の1月から開始で6月までの搭乗が対象となっています。一方で、JALの方が2月からとなり、夏休みまでかかっています。いずれも、すでに搭乗していた分に対しては、過去にさかのぼって付与。どちらを選択するかは、1月の年始時期に飛行機を利用した方はANA、夏休みに飛行機を利用する方はJALという風に選択してみてもいいんではないでしょうか。

対象路線

ANA、JALともに、国内線・国際線の全路線が対象となります。そして、いずれもコードシェア便は対象外となり、自社便のみが対象となります。

対象運賃

ANA、JAL共にフライトマイル積算対象の全クラス全運賃が対象。

倍率

こちらが両者で一番異なる部分となります。ANAは、該当月の獲得したPPを「2倍」にする。(搭乗ボーナスも倍となる)のに対し、JALは、搭乗ボーナスを除いたFOPを2倍となっています。

PP/FOP単価が一番安く、一度に獲得できる量も多い、羽田那覇間片道のPP/FOPを比較してみました。先得系は搭乗ボーナスがありませんが、プレミアム系(ANAはプレミアムクラス、JALはファーストクラス)は搭乗ボーナス400PPが倍付けされるため、ANAの方が多くPPを獲得できます。

羽田ー那覇便 ANA JAL
先得系 2952PP 2952FOP
プレミアム系 6704PP 6304FOP

往復でこれらの倍獲得できるので、SFC/JGCカードを取得するには、先得系では、50000÷(2952×2)=8.5往復で獲得できます。プレミアム系では、50000÷(6704×2)=3.7往復で獲得できます。もちろん、7月までに全て搭乗する必要はありません。秋や年末年始の旅行の際にも多少なりとも飛行機に乗る予定があれば、上記の回数はさらに減少させることができます。 

まとめ

2020年に引き続き、ANA2021年版プレミアムポイント2倍キャンペーンを開始しました。しかも、事前通告なく、いきなり3月22日に発表して、22日から適用開始と言う荒業ですw。今回は対象運賃がマイル積算率75%以上の運賃となり、2020年よりも少し厳しくなっています。また、昨年は、国内線・国際線のすべての路線が対象でしたが、今年はさすがに国内線のみが対象となりました。特にエントリー等も必要はありませんので、気軽に修行に挑戦することができます。

ただし、まだまだコロナウィルスは沈静化しそうにありません。感染対策をしっかりと、気を付けて旅行しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です