2021年の7月は4連休(海の日、スポーツの日)、8月は3連休(山の日)が実現@東京オリンピック開幕対応

2020年のオリンピックは、新型コロナウィルスの影響で2021年に延期されることが決定しています。東京オリンピックは、開幕、閉幕時に混雑が予想されるため、開会式、閉会式に合わせ2020年の祝日が移動され7/23(木)、24(金)がお休みとなり、結果として4連休が発生しています。そして、2021年の7月も同様に、7/22(木)、23(金)が祝日となり、4連休が生まれます。合わせて、8月も8/8が山の日となり、3連休が生まれます。

重要
2021年7月は4連休、8月は3連休

4連休、3連休の理由は?

2021年のオリンピックは、7/23(金)に開会式を、8/8(日)に閉会式を行う予定となっています。そして、開会式及び閉会式には世界中から多くの人が訪問する予定です。開会式、閉会式の時にみんなが普通に出勤していると、公共交通機関は大渋滞です。したがって、今回の4連休化の目的は、『会場周辺の混雑緩和』となっています。

そして、開会式前日の7/22(木)と23日(金)をお休みにするために、海の日を7/22、スポーツの日を23日(金)に移動することを予定しています。

また、閉会式の行われる8/8(日)に山の日を移動する予定です。祝日が日曜日に該当するので、翌9日(月)が振替休日ということになり、土曜日から月曜日までの3連休となります。

現状では、閣議決定がなされている状態です。

参考 東京オリンピック延期に伴う祝日移動法案を閣議決定

2021年7月、8月のカレンダー

それでは、実際に、2021年のカレンダーがどうなるのか見ていきたいと思います。まずは変更前の7月のカレンダは以下のように、第3週の月曜日が、海の日で祝日、3連休になっています。

そして、7月のカレンダーは以下のように木曜日から日曜日まで4連休となる予定です。

同じく、現在の2021年の8月のカレンダーは以下のように、週の真ん中8/11(木)が山の日(祝日)となっています。

 

8/11(水)の山の日を、閉会式の予定である8/8(日)へ移動します。すると、祝日が日曜日であるため、翌月曜日も振替休日でお休みとなります。結果的に、8月は3連休が出来上がることとなります。

じゃあ、4連休はいつ決まるの?

普通の日を祝日に変えるには、国会にて、特別法を定める必要があります。実際にこの法案が国会を通過すれば、2021年7月の4連休、8月の3連休が決定致します。順当にいけば、この特例法の提出は、2020年秋の国会に提出されるでしょう。

春の国会では議決されず、秋の国会での成立が予定されています。

参考 祝日移動の五輪特措法改正案、今国会での成立見送りへ読売新聞

まとめ

新しいオリンピックイヤーである2021年の7月に、7/22(木)、23(金)がそれぞれ、海の日、スポーツの日となり、4連休が生まれます。合わせて、8月も8/8が山の日となり、3連休が生まれます。

重要
2021年7月に4連休、8月に3連休が発生

さて、この4連休、3連休はどう過ごす予定でしょうか。エドパパは、元々あまりオリンピックに興味がなかったため、今年の7月は、ルネッサンスリゾート沖縄へ行くことを予定しています。新型コロナウィルスの影響がどうなるかはまだ不明ですが、現状では、7月には県をまたぐ旅行も出来るのではないでしょうか。

エドパパの大好きなルネッサンスリゾート沖縄はとっても楽しいですよ。

夏休みのルネッサンスリゾート沖縄 デラックスツイン クラブサビーで無料ランチ&プラチナ特典クラブラウンジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です