MENU


2019年マリオットホテルカテゴリー変更が判明、国内は1勝2敗

2019年のマリオット系列ホテルの新しいカテゴリーが発表されました。国内ホテルの結果は、以下のようになりました。

勝敗
カテゴリーアップ2軒 ダウン1軒

2019年マリオットホテルカテゴリー変更の内容

マリオットのホテルは、ホテル毎にカテゴリーが決められ、そのカテゴリーによって無料宿泊に必要なポイント数が変わってきます。

変更適用日:2019年3月5日から

全リストはこちらのpdf

国内は1勝2敗

ここでは、カテゴリーアップを負け、カテゴリーダウンを勝ちとします。

国内のホテルは、1軒がカテゴリーダウン、2軒カテゴリーアップとなりました。

はっきり言って、エドパパ的にはショックです。なんといってもルネッサンスリゾート沖縄がカテゴリー7なんかになってしまったわけですから。カテゴリー7ってオフピークでも5万ポイントが必要。ピーク時期については、7万ポイントも必要なんですよ!!

ホテル20182019
セントレジスホテル大阪87
ウェスティンホテル大阪56
ルネッサンス・オキナワ・リゾート67

カテゴリー別無料宿泊必要ポイント数

カテゴリオフピークスタンダードピーク
15,000 7,500 10,000
210,000 12,500 15,000
315,000 17,500 20,000
420,000 25,000 30,000
530,000 35,000 40,000
640,000 50,000 60,000
750,000 60,000 70,000
870,000 85,000 100,000

まとめ

今年のカテゴリー変更は、国内が1勝2敗と惨敗です。

2018年は、0勝3敗だっただけに少しは喜ばないといけないでしょうか。

しかし、ルネッサンスリゾート沖縄のカテゴリーアップは超ショックです。

2020年のオリンピックまでは、この状況が続くんでしょうか。

国内のマリオット系列のホテルカテゴリー一覧は、こちら↓をどうぞ。

マリオット/SPG/リッツカールトン 都道府県別ホテル一覧とクラブラウンジ有無 カテゴリ無料宿泊必要ポイント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Twitter
SHARE